0~99.99V/0~0.4A or 0.8Aの精密電源。80年代の製品。外観がくたびれているが、実力が健在。

出力電圧・電流の精度にとくに問題ない。ただ、OVERVOLTAGEボリュームを少しでも回すと警告ランプが点く症状があった。吹きつけてボリュームを洗浄してやったら症状が改善した。

ファンがなく、リレーもなく大変静か。100 DCVの電源は手元にないので、自分にとっては貴重な逸品。

111217-5.jpg 111217-6.jpg 111217-7.jpg 111217-8.jpg 111217-9.jpg

↑出力電圧設定用の精密抵抗20個。2ppmという表記。計測器の生産に当時コストの意識はなかった?比べて、ボリュームは安物。ガリにならないほうがおかしい。

Comments are closed.

Post Navigation