四線式で抵抗値を測るテスタは手元に2台あるが、ケーブルはない。一般的ではないので、買うのも高いし、時間がかかる。そこで、ケーブル等手元にある材料を利用して作った。

しかし、使ってみたら、やはり測定値が不安定で失敗のような気がする。

改めて、アジレントの出した「インピーダンス測定ハンドブック」をみてみたら、結構複雑な仕組みとの説明、自作の勧めもしていない。シールドケーブルに取り替えて、作りなおそう。

111230-3.jpg 111230-4.jpg 111230-5.jpg 111230-6.png

Comments are closed.

Post Navigation