手元に電流・電圧計、テスタが多くなると、そのチェックを手助けしてくれる測定器を作ってみたくなった。

つまり、下限はゼロから、上限は各レンジまでの電圧や電流を出してくれる装置がほしい。しかもメータの線形性をチェックしたいので、下限から上限までスイープしながら、等間隔に音を鳴らしてくれると使いやすい。音を聞きながら、メータの針がちゃんと合っているかどうかを見ているだけで良いので。

DCだけでなく、無論ACも必要。上限は1000Vや2500V、1Aや10Aものもあるので、簡単にできる測定器でもないかもしれない。精度はそれほど必要なく、0.5%でも十分だろう。AC周波数は常用の50Hzから、上限1MHzまであれば嬉しいが、そう簡単に作れないから、100kHzあたりまでで我慢しよう。

なかなか面白い課題、チャレンジしたい。名付けて、テスタチェッカーの製作。

もっと欲求をいえば、抵抗値をスイープしながら出してくれると嬉しいが、アイデアが浮かばないので、取り敢えずパスするしかない。ステップモータでボリュームを回す?

<スペック>
 出力レンジ DCV 最大1000V、定電圧、最大電流20mA
       ACV 最大1000V、定電圧、最大電流20mA
       DCuA 最大1000uA、定電流
       DCmA 最大1000mA、定電流
 AC周波数 50/100/500/1k/5k/10k/50k/100kHz、全域スイープ可
 出力最大値 1/1.2/2.5/3/5/6/7.5/10
 出力倍率 0.01/0.1/1/10/100
 スイープ方法 linearに固定(logは要らないか)
 スイープ時間 0.5/1/5/10/30/60sec
 手元に出力ストップスイッチが必要
 スイープ中、等間隔に音を出す仕組みが必要
       5等分(1/2.5/5/7.5/10)
       6等分(1.2/3/6)

安定した高AC電圧を得ることができるか。AC1000V/100kHzなんか考えたこともなかったな。技術的に検討しないといけない。無理なら、AC10V以上では50Hzだけでもいいか。

Comments are closed.

Post Navigation