勤労感謝の日。朝からクリーニング、20年間働いてきたオシロを労う。昨日は永続勤務ということで、勤め先に表彰されたけど。

リアパネルにある特殊ネジ4本を取り外し、リアパネルをまず外す。さらに本体の側面にあるネジ1本を外すと、本体のカバーを後ろにずらして外す。

しっかりした作り。オシロの王者だからか。しかし、ファンはブラウン管の後ろに位置し、交換するのは面倒。今回はパス。問題の多い電解コンデンサは見られるが、数多いというほどでもない。87や88年シールがICに貼られているところをみると、やはり90年前後製と再確認した。

汚れの多いフロントパネルを根気よく掃除した結果、美品とは言い切れないが、自分の使っているKenwoodに勝負できるレベルに回復したかな。

今回はクリーニングするだけで終わったが、あと10年間無故障で働いてくれることを祈る。

111123-6.jpg 111123.jpg 111123-3.jpg 111123-2.jpg 111123-4.jpg 111123-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation