巨大なACアダプターにどうしても我慢できなくて、数百円の電源トランスを仕入れてカイゼンした。電流容量は1Aと、立ち上げ時に多少足りないが、数分間頑張ってくれれば問題なくなると見込んだ。

トライアンドテストの結果、1次側に110Vを、2次側に10V(5VDC用)と14V(±12VDC用)を採用した。数時間通電しても、ヒートシンクがほんの少しの温かさで、以前よりはだいぶ安心できるようになった。

見栄えがいまいちだった前のACケーブル穴はヒューズホルダーで塞いだところもグッド。

111125.jpg 111125-2.jpg 111125-3.jpg

Comments are closed.

Post Navigation