111026-6.jpg

実験用電源を作ったけれど、注文しておいたアジレントのDC電源が忘れた頃(1ヶ月半経過)にやっと届けてくれた。

<Agilent DC電源 U8002A>
 電圧 0~30V
 電流 0~5A
 定電圧、定電流運用可
 出力電圧の上限を10mV単位、電流を10mA単位で指定可
 出力電圧・電流上限の組み合わせを3つまで記憶可

ということで、従来の電源にデジタル操作性がプラスされた格好。

本体以外に、3ピン電源ケーブル、CD版取説、検査保証書がついている。テストリードは別売。

電流5Aまで流せるので、本体は重くて8キロもある。後ろに放熱ファンがついていて煩く、静音とはほど遠い。設定した上限の電圧・電流と、出力中の電圧・電源の値は同時に見られないなど、手作り電源では直した問題点がついている。

それでも憧れのアジレント(旧HP)ブランドなので、大切にしていきたい。アジレント製品は高価なものが多く、欲しくても手が出せない。

111026-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation