160424-10

前にも気になっていたが、アマゾンの広告メールでまた目に入った。35/2レンズか、確かに自分はニコンのAi版を探している。なぜAis版でないのかというと、

  • Ai版は安い。
  • 距離環の回転角度が多くてピント合わせによい。
  • 作り自体がAi版は良いとの噂。

コスト削減をあまり考える必要がなかった時期だから。

ちなみに、Auto版は入手したけど、ヤフオクの売り手の言葉に騙されて、カビ跡が盛大で残念なレンズになってしまった。ひとを騙してまでヤフオクに流すことはできないので、一応ふだんは使うことにしているが、Ai版を物色するようになった。

で、改めてアマゾンを覗いたところ、中一光学の35/2ブラックは売値約2.2万、そのシルバー(限定版)は2千円アップ。塗装剥げを考慮すると、アルミメッキ出しのシルバーが良いかなとひとりで悩んだりする。

もうひとつの悩みとはカメラとの連動。ニコンFマウント用と書いてあるので、ニコンカメラに使えるのは分かるが、絞り連動か、AI-Pタイプか、いろいろ調べてもよく分からない。第一、マウント部の写真は見当たらない。

なんで最も肝心なところのマウント部の写真がないのだろう。不思議でしょうがない。公式サイトで確認したところ、そういう文書説明になっていて、絞り連動のようだ。しかし、相変わらずマウント部の写真はない。

160424-12

日本のネット情報では、実絞りとの説明。どっちだろう。

いろいろ調べているうちに、アマゾンの中古品を発見。1.6万、状態も良さげ。カメラ店の出品なので、信用していいだろう。ヤフオクのように、カメラ転売を職業とするわけではないよね。

160424-11

というわけで、中古の中国製MFレンズが明日に到着。

それにしても、焦点が35mmレンズに、Sigma 1.4 Art, DX 1.8G, AF 2D, および auto 2 の4本を持っているのに、まだほかのを欲しい心理とは何なんだろう。

きっと、MFレンズが欲しい、そういう心理なのだ。光学系が同じ、値段が同じなら、間違いなく、AFではなく、MFを選ぶ。世の流れに反している。そういえば、マニュアル車が欲しい人がまだ多いらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation