1994年末に購入してから、なぜか一度も開けたことはない。使ったこともほとんどない。実用品として考えていなかったからだろう。

しかし、興隆になった中国では昔のテスタがコレクションの対象になっていて、とくにこのMF-35型はトップ級の評価を集めていると聞いたので、開けてみたくなった。

MF-35型は80年代以前と以降では使用されている抵抗が変わったりしていて、自分の持っているものは90年代製のはず。

111030.jpg

型番が重要。中で使われた抵抗に89年2月製という表示があり、90年代製であることは間違いなし。

111030-3.jpg 111030-4.jpg

完全な手作り。プリント基板を使用していないことにびっくり。耐久性ではこちらのほうが良い。保修にも便利。

111030-7.jpg

噂のトランス。これで交流電圧2.5Vレンジを昇圧して非線形を克服したのね。

111030-5.jpg 111030-6.jpg

精密抵抗に誤差0.2%クラスが使われているようだ。コスト重視の日本では考えられない。アナログテスタに精度を求める意味はあるのか。でも、当時のものづくりに対する真剣さや真面目さが今となって評価対象になっている。80年代以前では巻線抵抗がもっと多く使われていた。

外観では当時の日本製に圧倒的に負けていたが、性能の面ではどうだったんだろう。日本製代表機種の横河電機 3201は許容差がDCでは2%、ACでは3%となっているが、このMF-35型はDCでは1%、ACでは1.5%なので、少なくともスペック上ではMF-35型のほうが精度的に上だ。

1%と2%との差、ユーザにとってはどうでもいいことだが、メーカー側にとっては大変な壁がそこにある。誤差0.2%の抵抗が使われたのも1%を確保するための措置。コスト競争と無縁な計画経済下でしか実現できなかったことかも。日本工業標準規格「JIS C 1202:2000 回路計」によると、アナログテスタにAA級とA級の2階級があり、直流電圧測定において、AA級はフルスケールの±2%以内、A級はフルスケールの±3%以内と規定されている。それ以上の階級はないようだ。横河電機3201がAA級として販売しているのは2%だからだ。MF-35型はAAA級?そんなすごいものが70年代の中国にあった?信じられない!

最後にMF-35型の特徴をまとめてみる。
1. 精度が高い。スペック上、直流では誤差が1%、交流では1.5%。
2. 交流でも直流同様の線形スケールを使っている。
3. 0.1~10Ωまでの低抵抗が測定可能。
4. 交流電流が測定可能。
5. 見えない内部にコストをかけている。

Comments are closed.

Post Navigation