日本 大和光機(YAMATO OPTICAL CO)製、1957年生まれのカメラ。

paxm3-1.jpg

—- Yamato Pax M3 —-
大和光機 パックス M3

Paxシリーズに、Pax 35、Jr、M2、M3、M4、数種類もあるようだけど、特徴はそのちいちゃなサイズ。それと、M型ライカに似せたデザイン。戦後の外貨稼ぎに、製品の多くは海外に輸出されてて、いまのほとんどが海外からの還流品だろう。

しかし、劣質なグリースが使われたせいか、現存品の多くはピントリングが動かず、故障している。このカメラもそんな一台、ずっと手元に残されてきた。

手に取ってみると確かに小ささがまず印象に残る。取り外し式裏蓋がそれを可能にしたと思うけど、世界最小のライカ、海外ではそう呼ばれたらしい。私にはそうと見えないが。

軍艦部がさまになっているし、大きな巻上げレバ―もチャーミングのひとつ。連動可能な距離計がついているのも凄いのひとこと。全体的にまとまりがよく、オモチャには見えない。精密機器だぞ、そんな質感が伝わってくるね。

では、スペックの確認。

型 名 大和光機製 Pax M3。
製造国 日本(1957年)。
使用フィルム 35mm。
レンズシャッター スピード B、1/10~1/300秒。FX シンクロ、セルフタイマなし。
レンズ Luminor Anastigmat 45mm F2.8、コーティングあり。
距離計内蔵 センター2重四角イメージ、ピントリングに連動。距離目盛はフィート、最短距離 3ft。
露出計なし。
裏蓋を取り外すと、フィルムカウンターがリセットされる。
専用の Pax UV フィルターが本個体についている。

レバー式巻上げ、セルフチャージ、フィルム1コマ毎に自動ストップ、今風のカメラと全く同じ操作で使用できて、嬉しい。当時に売られたほかのカメラを考えると、結構高機能だったことに気づく。おまけに、フィルム感度メモも巻上げレバ―についているし。

底のダイアルを回すと裏蓋が取れる。薄い遮光板がレンズ周りの壁に貼ってあって、手抜きの痕跡がない。遮光材に黒糸が使かわれ、モルトのように劣化する心配もない。真面目につくられたカメラ、内部をつぶさに見ていると、そんなことに気づいてくる。

<使い方>
フィルムを入れる。底部の中央にあるダイアルを刻印 O (Openの意)の位置まで回し、裏蓋を取り外す。パトローネをセットし、フィルムの先端を右のスプールに差し込む。スプロケットにフィルムのパーフォレーションを噛ませて、裏蓋を静かに差し戻す。底のダイアルを L (Lockの意) にしてロックする。

レンズ周りの絞りリングやシャッタースピードリングを回して、露出を決める。露出計がカメラについてないので、勘か外付け露出計を使うと良い。

ファインダーの距離計2重像をみながら、レンズのピントリングを回して距離を決める。ピントリングにレバーもついているので、慣れてくると距離計みなくても大まかなセットはできるだろう。

撮影スタンバイはこれで完了。巻上げてシャッターボタンでレリーズし、シャッターを切る。

巻戻し解除ボタンは巻上げレバ―の脇にある。巻戻しをやっている間にずっと押さないといけないタイプ。巻戻しノブを上に引っ張り出して巻戻す。最後に裏蓋を取り外し、フィルムを回収。

変わった使い方の全くないカメラだ。
</使い方>

小さなサイズが手の大きなひとには却って使いにくいかもしれない。しかし、故障してなければ、今日でも普通に使える超小型カメラとして、その存在を認めてあげようよ。

paxm3-2.jpg paxm3-3.jpg paxm3-4.jpg paxm3-5.jpg paxm3-6.jpg

Comments are closed.

Post Navigation