実験用電源をもう一台つくりたい。PIC+LCDを取り込みたいので。

ACアダプターがゴミのようにジャンク屋に転んでいることは分かっているが、安心して使える自家製がいい。定電圧・定電流電源となるとACアダプターではなっていないのがほとんど。

トランスの調達が一番の問題だが、手持ちを分解して利用することにした。出力が5Vと26Vの2系統、中身も綺麗に作られているもの。どこかの商品だったかもしれないが、メーカーや型番が見当たらない。測ってみたら、トランスの2次コイルは開放電圧が35v-0、9.3v-0-9.3vのようだ。そこから26Vと5Vが作られたのだろう。ほかに、放熱器も利用できろう。

プラマイ電源が欲しいが、このトランスでは難しいので、単電源にする。それと、電流はどこまで流せるかが解らないが、1Aぐらいは大丈夫だろう。

ということで、トランスをみてつくる電源のスペックを次のようにした。

<スペック>
 <チャネル1>定電圧・定電流
  電圧 1.25 ~ 20V、連続可変
  電流 ~ 1A、連続可変
 <チャネル2>定電圧
  電圧 3, 5, 6, 9, 12V、不連続可変
  電流 ~ 0.5A

10回転可変抵抗でチャネル1の出力リミット電圧および電流を設定できるようにする。

なお、LCDには以下の項目を表示したい。
 <チャネル1>
  現在の出力電圧・電流。
  設定したリミット電圧・電流。
 <チャネル2>
  現在の出力電圧・電流。
 <全般>
  電圧・電流はすべて3桁表示(PICのA/D性能による制限)
  表示の分解能 電圧 0.1V、電流 0.01A
  表示の更新周期 0.1秒
  常時バックライト付

スペックについて、現行商品も参考にしているが、日本では菊水電子とテクシオの製品は有名だ。ただ、設計がやや古く、米国Agilent製に価格的優位性があまりないようだ。買うならAglient製がいいかも。

なお、定電圧・定電流の動作について、菊水電子の取説がわかりやすい。

110826-3.png

さて、以下は考えているチャネル1の回路図。A~Eの5点をPICのA/Dに取り込めば、電圧・電流の計測になると思うが、テストする余地がある。また、熱対策をどうするか、悩むところ。リレーおよびセメント抵抗2つを導入し、最悪10Wずつの熱を消費するようにした。最後の残り約10Wは2つのLM317に頑張ってもらう。ただ、リレーの信頼性は気になり、10年、20年をもつものだろうか。フェールセーフという観点から、リレーが死んだら10Ω抵抗が入るようにした。本来ならば、抵抗ではなく、タップ付きトランスを使うべきだろう。F、Gの2点にPICからの制御信号を入れる。

回路図

電源.BMP

I110826.jpg I110826-2.jpg 110826-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation