最初のオートニッコール 35/2 が到着して、オートニッコールを集めようと考えてからちょうど1週間。8本が揃った。

160402-29

1. Nikkor-NC Auto 24mm F2.8 非Ai。非Aiのところが残念。外観もガラスも機能も問題なく、美品と言っていいだろう。申し訳ない気がしたが、ヤスリ一本でAi化してしまった。D750に取り付けるのに必要とする最小限の破壊にとどめたが。最小絞りにしてレンズを取り付けるところはミソ。

160402-32

2. Nikkor-HC Auto 28mm F3.5 Ai改。ジャンク品だが、フィルタ枠を修正したら、実用品になった。暗いのと、最短撮影距離が0.6mが難点。外観が相当くたびれている。

3. Nikkor-OC Auto 35mm F2 Ai改。使い勝手がとてもいいレンズ。F2という開放絞りはいまのズームレンズ全盛時代でも十分戦える。

4. Nikkor-SC Auto 50mm F1.4 Ai改。外観および機能に問題ないが、ガラスにカビが盛大に発生していた。幸い、前群ガラスの裏側だったので、難なくクリーニングできた。

160402-30

160402-31

5. Micro-Nikkor-PC Auto 55mm F3.5 非Ai、等倍接写用中間リングM2付き。未使用品のようだ。キズがひとつも見つからなかった。出荷当時のNikon純正シリカゲルまでがついている。非Aiだが、改造するのに勿体無いので、死蔵品にするしかない。

160402-33

6. Nikkor-P Auto 105m F2.5 Ai改。8本レンズのうち、唯一、Cタイプ(マルチコート)ではない。

7. Nikkor-QC Auto 135mm F3.5 Ai改。美品。

8. Nikkor-QC Auto 200mm F4 非Ai。美品。巨大だし、使うことはなさそう。Ai化するつもりはない。

残り、28mm F2、および、85mm F1.8 の二本は引き続き物色中。それにしても、70年代だとそれら一式を揃えるのに大変だったと思うけど、いまは多くはゴミ同然で転がっている。今風のプラスチックレンズよりよっぽど手間をかけてつくられたこれらのレンズをみて、なんだか可哀想な気がする。

これらのレンズは使えないかというと、AF以外はとくに問題ない。以下の2枚は35mm F2で撮影したもの。

160402-10

160402-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation