史上最も美しいカメラのひとつ、そう呼ばれたこのコンタレックス・ブルズアイ。

contarex-1.jpg

—- Zeiss Ikon Contarex Bullseye —-
ツァイス・イコン社 コンタレックス・ブルズアイ

世界で初めて露出計がシャッターやフィルム感度、絞りと連動した一眼レフカメラ。1958~66年にかけて約32,000台作られたそうだ。1964年以降、フォーカス・スクリーンが交換できる後期型も登場したが、商品コードは両方とも10.2401。発売当時はコンタレックス (The Contarex) の名称だったが、その後、後継モデルと区別するため、 I 型、あるいはブルズアイとの愛称で呼ばれるようになった。名前の由来は勿論、中央にある魅力的で大きな目。そこは露出計の受光部でしかないが、強烈な印象を見るひとに与える。いくら後継モデルが高機能であろうと、このモデルでなきゃダメだというひとが多い。

男性シンボルか女性シンボルか、この大きな目からはどうイメージしようとご自由だが、とにかく、このカメラはそのデザインがすべて。機能は二のつぎであろう。さらに、メッキの美しさ、ドイツ職人の手で仕上げられた精密感等と相まって、実用云々というよりも、鑑賞の対象として楽しませてくれる。そういう価値の持つカメラ。

レンズの真上に目のあるカメラといえば、同じツァイス社なら伯爵夫人こと、コンテッサ35も然り。ファインダー関係のちいちゃな目だが、前方には突き出していない。優雅で美しいとの評判。美と正面の丸目、なにか関係あるのだろうか。

購入時の注意点として、セレン板の劣化による露出計の不良が多いことがあげられる。それよりももっと深刻なのは、シャッター布幕の劣化による光線漏れや、シャッターそのものの不良が結構見られること。とくにシャッター周りを直すには高額な修理代が必要だが、鑑賞対象と割切れば、直さなくてもいいのでは。このカメラに手を出すひとは、何台もカメラを所有しているはずだから。

スペックはこの通り。

型 名 ツァイス・イコン社製 コンタレックス ブルズアイ (商品コード 10.2401)
     Zeiss Ikon Contarex Bullseye No.10.2401
製造国 西ドイツ(1958年以降)。
使用フィルム 35mm。
フォーカルプレーン横走りシャッター スピード B・1~1/1000秒。X シンクロ、セルフタイマ付。布シャッター幕。
フィルム感度設定範囲 ASA 5~1300。
外光式連動露出計付き。セレンタイプ、電池不要。
フィルムカウンターはオートリセットしない。フィルム装着後、手で回すタイプ。
コンタレックスマウント。レンズは広角から望遠まで、多種類も発売されていたが、標準レンズ以外は高価なものは多く、しかも、バルサム切れというか、剥離が起きて虹色に変色してしまうレンズが結構多い。

使い方の注意点として、まずシャッタースピードの設定があげられる。露出計は感度範囲が狭いのがその理由だが、フィルム感度の設定によっては、シャッタースピードダイアルが全スピードの一部しか選択できないのだ。フィルム感度リングがシャッタースピードダイアルと同軸にあるが、たとえば、フィルム感度を ASA100 にセットすると、選択できるシャッタースピードは 1/15~1/1000秒の範囲でしかなく、スロースピードまでにダイアルは回せないのだ。それを故障だと勘違いするひとがいるぐらい、変わった使い方を強要させられる。そういうわけで、いっそうのこと、フィルム感度を最低の ASA 5以下にセットしておいて、シャッタースピードダイアルを全速利用できるようにするといいかもしれない。露出は外付け露出計を使うか、自分の勘に頼る。露出計の逝かれた個体だと、なおさらこうして使って欲しいものだ。

では、他の部分をみていこう。

裏蓋は、30年代コンタックス Iからの伝統にのっとり、脱着式となっている。底左右両側のつまみを起こして回転すれば裏蓋が取り外せる。ライカの光線漏れに対する執念というか、慎重さに較べて、ツァイスのやり方はいかにも男性的、大胆そのもの。しかし、裏蓋から光線漏れが起きたことはあまり聞かない。日本メーカーの横開き方式に較べてやりにくいことは確かだが、メリットもある。裏蓋そのものを取り替えることができるからだ。そんなアクセサリは実際に販売され、モノクロフィルムとカラーフィルムを別々の裏蓋(正式名はフィルムマガジンと呼ぶ)に装着しておけば、撮影途中でも交換できる。当時ではすごいアイデアだっただろう。

しかし、実際に使ってみれば判ることだが、実用性はほとんどゼロ。仕組みが理解するまでは、この私でさえ、1時間かかってしまったし、決められた手順を踏まないと最悪、マガジンは取り外せなくなる、とんでもない事態に陥ることだってある。

さて、話はもとに戻そう。フィルムスプールも取り外し式なので、フィルムをうまくスプールにセットしておき、裏蓋を戻せば、フィルム装着はこれで完了。ついでに、フィルムカウンターをゼロにリセットしておく。

露出計の針はトップカバーの左側、巻き戻しノブ(クランクもついているが)の隣の窓から読める。さらに、ファインダーの右側、撮影エリアの外にも露出計の針が表示される。針が中央に来るよう、絞りダイアルやシャッタースピードダイアルを回す。それで適正露出になるはず。

巻上げは巻上げレバ―で行う。個体によっては重いかもしれないが、最後まで確実に巻上げておこう。シャッターレリーズボタンは巻上げレバーの中央にあるが、個体によってはシャッターの切るタイミングに戸惑うことがあるかもしれない。ブレないよう、静かにレリーズボタンを押す。

底部の巻上げ側つまりを起こし、少し回転させ、Rという刻印に合わせれば、巻き戻しが可能となる。大型巻き戻しノブで戻してもいいし、クランクを起こし戻してもよい。

セルフタイマレバーは正面のレンズ左側にある。途中解除はできないが、約10秒でシャッターが切れる。

使い勝手のいいカメラとはいえないかもしれないが、このカメラの真髄はその美にあり。それを手元にキープしたければ、努力は惜しんではいけないと思う。

contarex-2.jpg contarex-3.jpg contarex-4.jpg contarex-5.jpg contarex-6.jpg

Comments are closed.

Post Navigation