高感度のラジオをつくるなら、ゴールをまず決めないといけないので、日本を代表するラジオ局の一覧をつくってみた。NHK第1第2はどこにもあるし、内容もほとんど同じで、聴いても発信地は分からない。等の理由で一覧から除外した。

整理してみたら、面白いことに気づいた。ラジオ関西の558kHz以外に、使われた周波数は954kHz以上ということ。自作ラジオも954kHzからのスペックでいいかも。高感度を狙うなら、帯域を狭くすればするほど有利。954~1602kHzをさらにバンド切り替えして(たとえば、250kHz帯域 x3バンドに分割)受信するように設計すれば尚更いいかもしれない。

110704-4.png

余談だが、9kHzバンド幅を混信なく使うなら、放送局は4.5kHzまでしか変調信号に使えない。しかし実際には、7.5kHzまで利用されているので、9kHz隣接する電波なら混信がおきるわけだ。それでも、オーディオでは必要と思われる20kHzから考えると、AM電波の音質がいかに悪いかはよく分かるだろう。

感度を上げ、混信を避けるため、通信型受信機では、たとえば3.3kHzバンド幅のフィルタ等が使われる。音質は勿論悪い。音楽等を楽しむ目的ではなく、何を喋っているかを聞き取るのが通信の目的なので、いい音質で音楽を楽しむなら、選択度が悪く、感度が悪いラジオは逆に有利。だから、ストレートラジオは音質がいいと言われる所以だ。

Comments are closed.

Post Navigation