ステップが小さく安定性が高い周波数の発生に最近PLL-DDS方式が普及しているが、昔にPLL方式のものを作っていた。出力にATTをつけ、連続レベル可変にし、AM変調ができれば、とても便利なツールになりそう。もう一弾の改良が必要。

出力周波数範囲、1.000kHz~9999kHz。ロータリスイッチにより、4桁の各桁設定を0~9まで自由にできる。

中短波ラジオに活用すれば、1kHzステップのVFOになる。

110709-5.jpg
110709-6.jpg

Comments are closed.

Post Navigation