トランジスタラジオキットを組み立てたら、若い時に抱いた夢がまた膨らんだ。世界一感度のいいラジオにチャンレンジしようと。節電の夏を楽しく過ごすためにも、なにか楽しいことをやりたい。

ただ、ふつうにラジオを作ったら、メーカー製品に勝てるはずはない。だから、使い勝手の悪いラジオを目指そう。自分にしか使いこなせないラジオを。

ダイナミックレンジを確保するために、できるだけ電源電圧を高くする。手元にオペアンプ用の電源トランスが残っていて、2次側は18Vペアとなっている。しかも1次側は90Vにも対応している。つまり、それを使えば、36Vの一割アップ約40Vが確保できそう。ただ、電圧可変3端子レギュレータでも37Vまでがほとんどなので、電源電圧は30Vとしよう。

大型バーアンテナは不可欠。18cmものが市販されているので、それを3本束ねる。コイルは自作になるが。

親子エアバリコンを使わず、単連エアバリコンを2つ使おう。OSC側は周波数カウンターを使えば、発振周波数が精確に分かる。バーアンテナ側は苦労するが。バリコンのつまみに勿論大型バーニアダイヤルを使う。

IFTトランス以外に、セラミックフィルタを使おう。情報によると、クリスタルフィルタでなくても、セラミックフィルタを6つ使えば、なんとかなりそう。特性の揃ったフィルタを選別しないといけないが。

AGC回路はON/OFFでき、遅延時間を調整できるようにする。

Sメータを付ける。

情報によると、高感度を狙うなら、真空管ラジオと同じようにRF増幅回路が必要だと。実験して検証すべき事項だな。

感度が高くなると、混信がひどくなると予想。ノッチフィルタやBPF等、AF段でいろいろと工夫すべきことがありそう。

早速部品を調達してトライしよう。

110703.jpg

Comments are closed.

Post Navigation