改造には程遠いが、IC LA1600の出力(9番目端子)と音量ボリュームとの間にカップリングコンデンサを入れたら、音量が大幅にアップした。つまり、V1のところに1~1.5μFのフィルムコンデンサを入れるだけでOK。ガリオーム対策でもあった。

音量がアップしたのはいいけど、ノイズも同時に大幅に聴こえた。金属ケースに入れると改善するか、それほど期待できない気がするが。

キットに含まれた音量ボリュームはBタイプだが、ついでにAタイプに変えたほうがいいだろう。

110716-3.jpg

Comments are closed.

Post Navigation