バーアンテナとバリコンの組み合わせや、セラミックフィルタの特性を調べる等、手軽に実験できるものが手元にあると便利だと思い、スーパーヘテロダイン式ラジオを組み立ててみた。

オールIC構成。RF段は三洋電気LA1600、AF段はHT82V739、両方とも市場に安く出回っている。電源は単三2本。HT82V739の定格出力は 3v電源 8Ω負荷では約0.5W、スピーカを堂々と鳴らせるだろう。

回路に工夫した点はセラミックフィルタを2つ使った点と、Vccを抵抗100Ωで分離させた点だ。回路図にあるパスコンは手持ちの都合で選んだ。10~200μFならどれでも構わないが、経年劣化を心配するなら、ケミコンの代わりに積層セラミックコンデンサを使ったほうがいい。

無信号時の電流は約5mA。LA1600は約3mA。測定機がなくても以下の調整はできるのだろう。IFT周波数はセラミックフィルタによって決定されるので、①最も電波の弱い(ボリュームが最大でも音量の小さい)放送局を探し出し、IFTトランスを回し、音量最大にする。②つぎに、低い周波数の放送局を選び(たとえば、ラジオ関西)、音量最大によるように、OSCトランスを回し、さらにバーアンテナのコイル位置を左右移動する。③最後に、高い周波数の放送局を選び(たとえば、北海道STV)、音量最大になるよう、バリコンのトリマ2つを回す。

上記の①~③が互いに影響しあうので、数回繰り返し調整するとよい。

LA1600-radio.png 110710.jpg 110710-3.jpg 110710-4.jpg

Comments are closed.

Post Navigation