去る4月19日日曜で行われていたデータベーススペシャリスト試験の解答速報が出揃った。午前中のマークシート試験はその公式解答を、試験当日の夜8時に開催側が公表し、問題はないが、ここでは午後の試験問題について文句を言いたい。

午後の公式解答が2ヶ月後に公開される。それに対して、iTEC社TAC社が解答速報を出した。iTECは、午後1の解答を4月22日に、午後2の解答を4月23日に公開した。TACは午後1午後2の解答を4月23日にまとめて公開した。

両社はそれぞれ、資格獲得、情報処理技術者育成のプロと謳っている。社内(あるいは委託先)複数の有資格者が必死でネットから情報をかき集め、3日間かけて沢山の議論を重ねて解答を出したのだろう。

しかし凄いことに、それら2通りの解答が互いに異なっている。論文を書く試験問題なら、正解がないのはわかる。が、問題文を読み、唯一であるはずの正解を、資格試験のプロ集団でさえ、出せないでいる。

そういう奇妙な事態を考えると、解答不一致の原因は出題側にあると考えてしまう。客観的に解答できる試験問題になっていないのではないか。試験問題の日本語表現が曖昧で、みんなが勝手に解釈してしまうのだ。

以下は一例。どっちが正解なんだろう。自分は後者を描いた。なお、線を引くところが試験の解答にあたる。

150425

150425-1

ついでにもう一例を見せよう。両方とも不正解ということも勿論考えられる。

150425-3

150425-2

ほかにも、解答が異なる箇所は数多く見られるが省略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation