断線したテスター棒をみて、その太さから単3ダミー電池をつくることにした。

ヤスリで細くし、ノコギリで切断して、ステンレスネジを裏にねじりこみ、さらに、切断したプラ棒から1.5cmの長さを切り取り、半田こての熱でテスター棒の先に押し込んだ。

形は変だけど、プラマイ両端が繋がっているので、最後に単4から単3への変換アダプターに入れて完了。

電池3本ではミニランタンに流れる電流が約20mA。だいぶ暗くなっているが、電流制限抵抗を取り換えるかどうか、しばらく考えることにする。というのは、いまのままだと、明るくしたい時には電池4本、暗くてもいい場合には電池3本、そんな使い分けができると思ったから。

ダミー電池を数本用意し、異なる抵抗を中に潜りこませ、明るさか省エネか、状況に応じて使い分けることを考えている。

<関連記事>
ミニランタンのLED改造(第2弾)
ミニランタンをLEDに改造

110620-a.jpg 110620-b.jpg 110620-c.jpg

Comments are closed.

Post Navigation