まだトランジスタラジオキットが販売しているということで、注文してみた。Cherry KM-88というモデル。ケース付きなのはユニック。ケースまで自作することはなかなか簡単ではないから。

8石によるスーパーヘテロダイン式。8石はそれぞれ、周波数変換、局部発振、中間周波増幅2段、低周波増幅2段、B級プッシュプル電力増幅という贅沢な使い方。その割にスピーカは小さく、006P電池使用というアンバランス。

個人的に一番困っているのは、電源スイッチ兼用ボリュームが基板にマウント済であること。信頼性がいまいちなので、通信型ボリュームに取り替えるつもりだったが、これでは破壊するしか取り外す方法はない。もったいないので、組み立てた後に考えることにする。また、ケースは日本製と書いてあっても、その品質はいまの中国製以下だろう。キットだから許されるものだが。

スーパーヘテロダイン式ラジオを組み立てたのは高校生頃だったので、とても懐かしい。取り敢えず組み立てて、とくに問題なければ、改造用にもう1台注文することも悪い選択ではない。

110630-2.jpg
110630-3.jpg

Comments are closed.

Post Navigation