カメラの分解は得意だけど、腕時計や置時計については、徹底的に分解したことはまだない。手元に壊れた置時計があるので、腕試しにチャレンジしてみた。

140928-40

まずは時刻調整ノブを外す。ノブ自体がプラスチック製だが、マイナスドライバを脇から差し込んで外に引っ張ったら、運良く外れた。裏カバーはそれで外れた。

140928-41

正面の透明カバーを外し、針(秒針、分針、時針、目覚まし針)を引っ張って外して、ムーブメントユニットをまるごと下ろした。

140928-42

それで、動かない原因がわかった。樹脂歯車(プラスチック歯車)が経年経過でボロボロになり、一部の歯が欠けていたからだ。同じサイズの部品を手に入れることは絶望的なので、ゴミとして処分するしかなさそう。

ネットで調べたら、金属歯車をつかったクォーツ置き時計はほとんどないらしい。立派にみえた高級置き時計や、壁掛け時計も、ムーブメントユニットは共通、ほとんどが樹脂歯車とか。

樹脂歯車は、クラシックカメラには見かけたことがなった。耐久性が理由だったのだろうか。技術改良によって、いまの樹脂歯車は耐久性がだいぶ上がったかもしれないが、気持ち的には金属歯車がいい。金属歯車のクォーツ式置時計を、これから注意して探してみる。

ついでに、見た目は置時計、実態は腕時計という手持ちものを裏フタ開けて調べた。ムーブメントユニットはミヨタ製、金属歯車のようだ。

140929

140929-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation