結局ライブTV映像信号はアナログビデオデッキから取り出した。昔に録画したビデオを観るために、アナログビデオデッキは捨てられずに残っている。アンテナに繋ぎ、映像出力をテレビに入れ、NHK総合番組であることを確認。そして今まで通り、電源を入れ、2時間ウォーミングアップ後に、周波数カウンターを3.5795454MHzにまず調整した。終わったら、IC-R75のPLLブロックの60MHz出力を周波数カウンターの32分周器に繋ぎ、1.8750000MHzに調整した。さらに、同じ作業を3回ほど繰り返した。

7月に、アナログ放送が終わるまえに、再確認をするかもしれない。

周波数を精確に調整する目的は、直接的には相手の電波周波数を正確に知りたいこと、間接的には個人の力でどこまで周波数の精度が追求できるかチャレンジしたいことだ。いまのやり方では、8桁フル表示の周波数カウンターを持っているなら、60MHzのHz単位の調整ができる。つまり、1/60MHz = 0.017ppm に相当する。ちなみに、日本自慢の年差時計(年間誤差は5秒以内のクォーツ時計)は 5/(365x24x3600) = 5/31536000 = 0.16ppm の精度と安定度を持っている。

高安定度発振水晶ユニットCR-282は単体安定度が0.05ppm、装着によってIC-R75全体の周波数安定度は0.5ppmになるので、0.017ppmの精度はあまり意味がない。

110617-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation