高安定度基準発振水晶ユニット CR-282、装着後の安定度 ±0.5ppm。

なくても全然問題はないけど、折角だからという気持ちで注文を入れた。でもいざ取り付けようとして、取説を見たらびっくり。

ケースカバーを開けるのは勿論のこと、内蔵水晶振動子の取り外しや新規の取り付けはハンダ付けを自分でやらないといけない。さらに周波数カウンターが必要だと。ハンダ付けできなきゃ買うなとのメッセージかな。

さて、取説に従って、
 ①8本のネジを外したら上カバーは外れた。
 ②PLLユニットを固定するネジ5本を外した。
 ③古い水晶の足にハンダごてを当てて、熱でハンダを溶かしながら表の水晶を引っ張る感覚で外した。ハンダ付けには慣れているが、新品なので、緊張が走る。
 ④新しい水晶ユニットの足をまっすぐに修正した。4本の内1本は思い切り曲がっていたから。
 ⑤4本の足の挿すところの穴にハンダごてを当て、穴を覆ったハンダを溶かした。しかしその時、使っているハンダごてがパワー不足だったことに気づいた。30Wなのに、穴の1つ(GND接続用)は全く溶かない。急いで、真空管ラジオ用55Wハンダごてを使うことにした。無鉛ハンダって融点が高いからか。
 ⑥水晶ユニットを挿し込み、手で押しながら、裏面からハンダ付けした。向きが逆にならないように細心の注意を払おう。
 ⑦ハンダ屑等は、基板やリグ内部にくっついていたり、残っていないことをよく確認してから、PLLユニット基板をもとに戻した。

さらに、取説の指示通り、周波数カウンターをつけ、発振周波数を60MHzに調整した。安定するまで数時間とか、待ったほうがいいかもしれないが、自作のカウンターだし、表示桁数は6桁しかなく、どんなに頑張っても数十Hzのズレはありえる。だから、いいやという軽い気持ちで終わらせた。ちなみに、調整するまえに、すでに発振周波数は59.9997MHzになっていた。

高安定発振水晶を取り付けたからといって、いいことは別になにもないかもしれないが、安定度が上がった気がする。

余談だが、秋月から昔に発売された、テレビ信号を利用した超高精度周波数発生器をもっている。原理的には、TV放送の映像信号に含まれるカラーバースト信号を元に、PLLで同期ロックをかけた3.58MHzを作り出し、さらに、これに10MHzをPLLで同期させて目的の信号3.579545454MHzを発生している。このカラーバースト信号は放送局では、ルビジウムやセシウムの原子発振器を使っており11桁の高精度な周波数となっているらしい。しかし、アナログテレビがない以上、今回は使えなかった。

110611-2.jpg 110611-3.jpg 110611-4.jpg 110611-5.jpg 110611-6.jpg

Comments are closed.

Post Navigation