IC-R75にオプションとして、取り付けられるフィルタは9MHz帯と455kHz帯のそれぞれ1つ。今回は455kHz帯対応のSSBワイドフィルタ(3.3kHz/-6dB)FL-257を選んだ。

取り付け作業は誰にでもできる。
 ①ネジ8本を外し、リグの上カバーを外す。
 ②フィルタの固定用足についているナットやフィッシャ、計6個をすべて外す。
 ③向きを確認し、足を基板に合わせて、上から押しこむ。うまく嵌め込んだら、きちんと納まる。
 ④上カバーを戻す。

後は取説をみて、リグにフィルタを登録すればOK。

また変更があるかもしれないが、取り敢えず、AMについては以下のような設定をした。
  Normal 9MHzでは標準装備の2.4kHz、455kHzでは3.3kHz(FL-257)
  Narrow 9MHz-標準装備の2.4kHz、455kHz-標準装備の2.4kHz
  Wide 9MHz-15kHz、455kHz-標準装備の6kHz

外したナット等をきちんと元箱にしまおう。フィルタ自体は他のリグにも使えるし、いつか必要になるかもしれない。

9MHz帯のフィルタはまだ決まらないが、CW用FL-232にするかな。しばらく使ってみてから決めたい。

また、リグ改造情報はネットに沢山あるが、見ないことにする。完璧な商品はないし、欠点があるこそ、つぎの何かを買う理由にできるから。

110612.jpg D110612-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation