だいぶ昔に、無線のモールス信号を聞くためにAFフィルタを作っていたが、モールス信号を聴かない場合は、AFフィルタを通さずにそのまま、入力信号が増幅され、スピーカーから音声を流してくれる。アマチュア無線の音声ステレオ化は実現されていないので、入力はモノラルのみだった。

ノートPCの外接スピーカーとしても使いたい、というアイデアが浮かんできたので、昨日、電源をUSB化した。写真は撮っていなかったが、元々の供給電圧は3V~5Vなので、USBケーブルに取り替えて、ノイズを低減する電解コンデンサ 470uF/35V をつけただけの作業だった。

140927-12

今日は入力の擬似ステレオ化作業。スピーカーがひとつなのに、ステレオ音声をきちんと聴くのは無理だけど、音声があればいいや、という超適当な考えの下、3.5mmステレオフォンプラグに抵抗を2つ追加してモノラル入力に変換した。抵抗は100Ωを選んだ。イヤホンの入力インピーダンスが32Ωから300Ω辺りまでとバラツキが大きいが、手持ちの100Ω, 1/6Wにした。

140927-10

電子回路は以下の通り。なんの変哲も工夫もない。モノラル出力の先には音量ボリュームがある。

140927-14

半田付け。ショートしないように注意した。

140927-11

完了。スピーカーがちょっぴり大きいが、その分音質も良好、ノートPC内蔵のスピーカーよりはだいぶマシ。音量も大きい。また、ノートPCの左右チャネル音声の片方だけを出力させても、ちゃんとスピーカーから聴こえる。つまり、疑似ステレオ化が成功したわけだ。

140927-13

USB型ACアダプターが携帯用等、随分普及してきたので、それを活用すれば、ノートPCのUSBポートを占有しなくて済む。

140927-16

週末のお遊びだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation