100円ショップの電球形蛍光ランプを見て、電気スタンドが簡単に作れるじゃん。と思って本日実行した。

100円ショップから、①60W型蛍光ランプ(E26口金)、および、②延長電源コード 1.5m を購入。蛍光灯は昼白色と電球色の両方があるので、好きなほうを選んでよい。消費電力12W、定格寿命約6000時間と書いてある。延長コードは1mものも隣に置いてある。自分は長いほうを選んだが。

また、ホームセンターから、③レセプタクル(E26口金、OHM社、型番 HS-L26RT-G)を購入。重い磁器製もあったが、電線の接続部分が底に露出しているので、感電防止のために避けた。

電気工事法により電気工事士でないと照明器具は新設できないとなっているようだが、実験ということで、延長コードのコンセント部分をハサミで切り落とし、二股電線をそれぞれ口金に固定し、蛍光灯をねじりこむとあっという間に完成。

花瓶のようなものが家にあったので、のせてみたが、木の板かどこかに倒れないように固定しておこう。また、傘の部分をつければ、工夫次第で、オシャレな電気スタンドに変身できよう。

このまま、傘がなくても、照明器具として十分通用すると思う。部屋全体が明るいので、節電をつよく求められるこれからの季節に返っていいじゃないかな。

材料費
   60W型電球型蛍光ランプ(E26口金)  ¥105
   延長電源コード 1.5m  ¥105
   レセプタクル(E26口金、OHM社、型番 HS-L26RT-G)  ¥218
      計  ¥428

財布に優しい。予備用として、蛍光ランプをもう1本仕入れておこう。6000時間と書いてあっても信用できぬ。

110605-5.jpg
I110605-6.jpg
110605-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation