CW(電信、モールス通信)はできるひとが少なくなり、アマチュア無線の試験でも必要でなくなる流れにある。でも、通信に必要な帯域は数十~数百Hzしかなく、混信に大変強く、外国語ができなくてもコミュニケーションできる等、楽しんでいるひとがまだまだいる。

しかし、ふつうのラジオでCWを受信するのはそう簡単ではない。周波数の変更は最も細かくても1kHzにしかできない。周波数の微調整ダイアルで10Hz単位でシフトできるCWを追っかけるのは大変。

ところが、ラジオ DE1103にコンバータキットを内蔵させたら、PC側のソフトの力でCW受信はとてもやりやすくなった。

12kHzの帯域がPCに伝えられ、その中のシグナルがスペクトラムとして表示されるので、マウスのクリックやドラッグ操作で、そのシグナルを捉えることが簡単。帯域(バンド幅)も両側あるいは片側をドラッグするだけで、狭めることができる。

ソフトとして、Winrad, SDRadio, Rocky等いくつもすでに開発されている。自分の使っている環境では、Rockyが一番相性がよく、CW受信に欠かせないものとなっている。

ソフトの進化によって、高価な通信機器の機能が1万円そこそこのラジオ+PCで実現された時代。CWの送受信も人間の代わりにPCがやるのが一般的になるだろう。でも、人間の聴き分け能力にはまだPCは適わないようだ。相手の特徴を一瞬にして記憶することも思い出すことも人間ならではの才能。厳しい場面ではまだ人間が活躍する場は残っていると思う。

・・・---・・・

I110609-5.jpg 110609-4.png image32.jpg

ネット上にあったRockyの画面説明

Comments are closed.

Post Navigation