I110602.jpg

何年か前に手に入れた455kHz-12kHzコンバータキットは、回路図とともに未使用の状態で出てきた。アイキャスエンタープライズ社が販売したものだが、手持ちのラジオ DEGEN DE1103のLine Outに繋げば使えるかどうか、定かではなかった。

仕方なく、DE1103を分解して、内部を確認することにした。電池室のネジ1本、裏蓋のネジ6本、計7本のネジを取り外して、さらに、ラジオの内部にある、フラットケーブルおよび、4ピンコネクタを引き抜くと、ラジオはフロントとバックの両部分に分けられた。

I110602-2.jpg

基板のシルク印刷は1103-MKIV。内部に改造の痕跡は見られないことから、Line OutはこのままではIF Outとして使えないことが確定。そこで、コンバータキットをDE1103の内部に組み込むことにチャレンジすることにした。

工作しやすくするために、スピーカに半田付けられているリード線2本を取り外した。また、ネット情報によると、DE1103改造版はIF信号をIC TA2057Nから取っているので、TA2057NのデータシートをDLし、ピンアサインを調べることにした。

110602-6.png

東芝製TA2057Nは、ピン21がAM IF in、ピン6がVcc(電源)となっている。ただ、DE1103内部はガラガラのように見えるが、コンバータキットのつくりが雑なので、内蔵できるスペースは見当たらなかった。

仕方なく、キットからセラミック振動子を取り外し、向きを変えたり、キット基板をヤスリで削ったりして数時間の格闘の末、なんとか内蔵できるようになった。

110602-4.jpg

コンバータ入出力の処理
455kHz IF in ⇒ TA2057N のピン21
Vcc ⇒ TA2057Nのピン6
グラウンド ⇒ シールドケース
12kHz out ⇒ Line Out

Line OutのLchにコンバータの出力を半田付けし、その直前のカップリング電解コンデンサ C301 (10μF/10V) を強引に取り外した。これにより、Line OutはLchが12kHzコンバータ信号、Rchが本来のRch出力に変わった。

これでやっと、DRM受信の準備が整った。

なお、本改造によってメーカーの保証が受けられなくなるし、ラジオを壊す可能性があるので、自己責任でやってください。

110602-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation