スピーカ付きアンプの製作とDRMの内蔵化以来、PL-660の出番がほとんどなくなった。DE1103にLine Out端子がついているので、スピーカ付きアンプに繋げば、とてもいい音に変わった。DE1103にあった悪評のボリューム操作も要らなくなり、一気に優等生に変身したわけ。

電波の可視化ツールとしてDE1103の使い道を考えている。DRM内蔵のDE1103+サウンドユニット+ノートPCできちんと電波の状態を確認できれば、IC-R75をより使いやすくできるし、IC-R75の良いところや欠点が分かるかも。

ノートPCは専用化しないといけない。無線利用は勿論厳禁。できれば、金属ケースにしまいたい。そういう計測器的なノートPCって売ってないものかな。

Comments are closed.

Post Navigation