高齢にもかかわらず、自ら強い意志を持って天皇陛下がパラオで戦没者の慰霊碑に供花した。いまの世のなかの不穏に対し、戦争の悲惨さを忘れないようにと一生懸命伝えようとした。

150411

当時のパラオ防衛になんと14師団(照兵団)が主役だった。14師団司令部はいまの栃木病院。宇都宮が駐屯地だったわけだ。中国との戦争時に満州のチチハルが第2の駐屯地。宇都宮市がそれでチチハル市と友好都市を結んでいる。

その後、パラオを含みた絶対国防圏を防御するため、14師団がチチハルから南方に転用、そこで散った。1万人以上の犠牲を出し、悲惨な記憶しか残っていないせいか、パラオと友好都市は結んでいない。

以下は「宇都宮第14師団 野砲兵第20連隊之碑」に刻まれた内容。宇都宮の護国神社にいまでも建っている。

野砲兵第二十連隊は明治三十八年満洲で創立凱旋後第十四師団砲兵として宇都宮に駐屯し茨城・栃木・群馬・長野四県より選ばれた壮丁で構成。昭和十五年三十余年練武の地宇都宮からチチハルに移駐し関東軍の中核としてソ連軍の侵攻に備えた。昭和十九年二月師団に動員下令。島嶼作戦に適応した編成装備に改変し、水戸歩兵第二連隊、宇都宮歩兵第五十九連隊に砲兵各一ケ大隊を配属 高崎第十五連隊には個々に転属、編成外人員は全員他部隊に転出、馬匹はチチハルに残置し連隊は栄光に満ちた四十年の歴史を閉じた。三月大連出航、制空制海権共になき海域を奇跡的に無事パラオ到着。本島に照集団司令部 歩十五連隊主力等を置き歩二連隊をペリリュー島、歩五十九連隊をアンガウル島に配備、硬いさんご礁に苦しみながら陣地構築に励んだ。七月二十日歩五十九連隊はパラオ本島防衛強化の為、ア島に後藤大隊を残置主力は本島に転進。九月六日機動部隊来襲パ・ア両島を猛爆艦砲射撃も加え連日続行された。米戦史によれば上陸前三日間に十七万トンの砲爆弾を使用し島形変じ地上物件すべて飛散した。九月十五日中川州男守備隊長以下一万の守備するペ島に上陸開始、大隊長小林与平中佐・常持良二大尉・天童隆大尉・大橋栄一大尉率いる各中隊の砲兵は第一波の海兵隊を猛射千名に壊滅的打撃を与え緒戦は勝利したが装備物量の差に加え四倍の敵に対し複郭陣地に依り抗戦、九月二十三日歩十五連隊は砲兵より転属した新井道彦大尉以下五九名を含む飯田大隊の逆上陸救援作戦も効果なく軍旗を奉焼して十一月二十四日「サクラ」「サクラ」を連送して玉砕した。ペ島砲兵隊関係戦死者五三六名。ア島には九月十七日来襲、後藤丑男守備隊長は連隊本部との連絡も途絶えたまま二十倍の敵と対峙し配属砲兵中隊長芝崎省三郎大尉以下一九七名高射機関砲隊柏原中尉以下三〇名も一致団結よく敢闘したが十月十九日玉砕せるものと推察される。本島の近藤大隊・丸山・谷口両中隊では飢餓との戦いにより三三名・砲兵団神山大隊・小宮山中隊他三ケ中隊で六二名の犠牲を生じた。遠い南海の孤島で家族の安泰と祖国日本の弥栄を念じつゝ激闘の末若い尊い命を捧げた亡き戦友達の霊を慰め其の業績を永く後世に伝えるべく遺家族・戦友の有志相集い深い感謝を込めここに慰霊碑を建立し御霊の安穏を祈念し奉る。

平成十九年十月 建之

革バンドが痛んでしまい、メタルバンドに交換してみた。初めての経験なので、千円未満の安物(中国製)をアマゾンから注文。ペルトの端がカーブしていて、ギリギリ入らないようだが、無理やり広げたら上手く嵌った。最後にコマを2つ外し、バンドの長さを調整して作業終了。

やっぱり、自分にはメタルバンドが似合う。

150410-10

150410-11

150410-12

150410-13

経済崩壊論や好調論をヨソに、金融経済という化け物が我が道を歩んでいる。日本の日経平均、中国の上海総合指数、および両国の為替レートを出してみた。中国人旅行者が大挙日本に来ている理由は安く来られるからか。

150410-3

150410-4

150410-2

お店に出すのは時間かかるので、面白半分電池の交換を試みた。時計は生産中止品、Seiko DOLCE。極薄の2針式。年差10秒の時計だが、正確な時刻は読めない。秒針がないし、分刻みのインデックスがないから。

裏蓋ははめ込み式。欠けがなく、力づくで開けるしかない。Seven Jewel (7石) と内部のムーブメントに書かれている。クォーツにもルビー (Jewel)が使われることが分かり、勉強になった。

電池は SR516SW。5個分(586円)をアマゾンで注文しておこう。電池寿命は2年らしい。

150410

150410-1

二日が経ち、電池が届いた。付けて裏蓋を閉めて終わり。お店に出し、傷つけられるより自分でやったほうが安心できる。

150412

150412-1

朝起きたら、目の前に雪がいっぱい。銀の世界にはならないが、4月の雪は30年以上住んできたこの宇都宮では初めて見た気がする。

これだけで、地球温暖化の否定材料に当然ならない。しかし、1つの事件や個別の事例で全体をとらえる考えがとくに、この日本では台頭している。「日本は最高」とか。

150408

Canon PowerShot S120

愛用しているデジカメは時たま、バッテリーを充電してください、というメッセージを表示する。最初はびっくりしたが、何回も経験するとバッテリーを入れ直したりして無視する余裕が出てきた。内心ではふざけたデジカメだと憤慨するが。

つい最近、その現象は実は不良品によるもので、同時期に製造された、キヤノン社の多くのデジカメがリコール対象になったことを知り、サービスセンターに先週土曜配送し、本日戻ってきた。修理期間約1週間。修理票によると、修理内容は電源関連不具合。修理後の保証期間が3ヶ月。

リコールこと自体は当然評価するが、所有者に周知する方法をもっと徹底してほしい。

バッテリー以外はデジカメの調子がいいので、しばらく頑張ってもらおう。今年はニコンD7200を購入予定。Canon PowerShot G7Xも気になる。

150403-2

150403-3

新年度早々、固定資産税(+都市計画税)の納税通知書が来た。14.4万円を払えって。税率軽減期間が過ぎて、昨年度より4割アップとか。

ちなみに、マンション全体土地の評価額は約1億円、建物は約8千万。高いか安いか、わからないけど。とにかく、仕事頑張って払えるようにしないとね。ネットをみると、固定資産税が数百万円の家庭が結構あるみたい。すごい。

150403-1

中国人旅行者が温水洗浄便座を爆買したことが連日話題になり、「日本自慢」のネタになっていた。しかし、日本に洋式トイレ以外に、海外ではなかなか見当たらない和式トイレ(和式便座)というものがある。

和式に2種類の形があろう。真下に空洞のあるもの(汲取式)と、そうでないもの(水洗式)。空洞のタイプだと、風が下からお尻にあたり、冬の季節ではそのひんやり感はなんともいえない。大学生時代の下宿は皆そのタイプ。東京都品川区旗の台の下宿先が90年代でもそうだった。スペースを取らない、節水、構造が簡単で壊れにくい、清潔等が和式のメリット。デメリットとは温水洗浄ができない、高齢者にはキツイ等。

ということで、汲み取り式トイレは東京都内の下町では、少なくとも90年代までは存続していた。ここの地方都市宇都宮なら、バキュームカーを時たま見かけるので、いまでも市内のどこかに残っている。宇都宮市役所が公開したデータによると、2011年度のし尿搬入量が9497.36トン、2012年度が8413.70トン、2013年度が8176.46トン。ついでいうと、飲用水が井戸水という家庭や会社はこの宇都宮に結構ある。日本の都市化はそういう現状なのだ。

150403

和式トイレが少なくなったとはいえ、職場のトイレが実は昨日やっと洋式への改造を終え、和式とはバイバイになった。しかし、自宅以外の洋式トイレを使うときに気を使う。どうしても汚い気がするから。自分だけかもしれないが、座るまえにトイレットペーパーで何回も拭き、水を一回流したりする。

150402

携帯が普及した今日、腕時計を着用しているひとは随分減ったが、最近手にした2つの時計について比較してみる。

片方は手巻き。毎日ほぼ同じ時間に巻き上げてあげないと動いてくれない。もっとも原始的な時計だが、安い商品は中国製以外になかなか見当たらない。パワーリザーブ機構が自分にとっては必須品。手巻きにも、自動巻にも、パワーリザーブ・インジケータがないと、いつも不安を感じるから。三針で時分秒までがわかる。誤差は20秒/日。

もう片方はソーラー電波。光さえあれば、理論上いつまでも精確に動いてくれる。つまり、技術的にはもっとも進んた時計。デジタル表示なので動くパーツはなく、磁気に強く、メンテフリー。時分秒の表示は勿論のこと、月日曜日、AM/PMまでも表示。究極の時計と言っていい。

しかし、値段に関しては10倍以上の開きがある。Apple Watchはモデルによって百万円以上もするので、デジタルものの見直しが来るのだろうか。現実には、硬いガラスにフルメタルケース・メタルバンドというデジタル表示ソーラー電波時計モデルが全くないこのご時世では、逆にデジタル時計が自滅した感だ。スイス製と違う道を歩けばいいのに。

150401-1

新年度になった本日、1通の手紙が届き、駐車場での接触事故が解決済とのことだ。びっくりしたのはその賠償額。修理代が16万円強、修理期間中のレンタカーが5万円。どうせ保険を使うから、デーラーのいいカモになったのかも。

事故は一瞬にして起きるもの。これから気をつけなきゃ。マンションの駐車場にベンツやBMW等、高額の外車はいくらでもあるし。

150401