本記事は、外付け大容量モバイルバッテリー aceyoon 50000mAh をソニーVAIO に使うことに関する内容。

ノートPCの名称はSony VAIO PRO 13(モデル番号 SVP132A1CN)。ソニーブランド末期の機種かもしれない。CPU corei7-4500U、8GBメモリ、タッチFHD、256GB SDD。3年前に入手したもの。スペックを見るといまでも通用する実力だが、自分はほとんど使っていない。なお、バッテリーは有償交換(1.5万円+税)になる。

モバイルバッテリーの出力電圧は調整して設定することができる。VAIOの入力電圧10.5Vに近いものとして、9Vと12Vが選べる。しかし、実験してわかったことは、9Vも12VもVAIOは正しい入力電圧とは認識せず、モバイルバッテリーは使えない。

10.5Vはちょうど、9Vと12Vの中央値。10%の誤差を考えると、10.5~11.5V辺りは使える入力電圧かもしれない。パソコン付属のACアダプターの出力電圧は無負荷時に実測して11.2Vだとわかっている。

ネット上、DC-DCコンバータを使うという情報が上がっている。DC-DCコンバータを使って、12Vを10.5Vに変換して使うという理屈。しかし、12Vと11Vは1Vの差しかなく、大げさにDC-DCコンバータを使う必要はないではないか、というのが自分の気持ち。

ということで、約1Vの電圧降下を得るには、アナログの世界では常識となっているダイオードを使ってみた。

実際に手持ちのダイオードで実験したところ、電圧が11V近くに下がったことが確認できた。問題は発熱でダイオードが熱すぎること。定格電流が3.8Aだとすると、約4W相当の熱を出すわけだ。数分経つと、ダイオードを手で触れないぐらい。そのまま運用すると、火傷する恐れがありそう。

ということで、大きなブリッジダイオード(型番KBPC3510、秋月電子通商が取り扱う。定格電流35A)やアルミケース(タカチ製アルミダイキャストボックス、型番TD4-6-3N、寸法40 x 27 x 60mm)を秋葉原から調達した。アルミケースにダイオードを固定して、ケース一体型で熱を逃がす考え。

大型ブリッジダイオードを使う目的は簡単に金属ケースに固定する方法をほかに浮かべなかったから。

アルミケースは柔らかく、穴開け作業は10分程度で終了した。熱で電線の被覆材が溶かされてもいいように、ガラスチューブをいれたり、空中配線するなどして、工作にある程度の工夫をした。

また、ダイオードを固定するネジをケースの中央にではなく、片側に寄せて配置したのは、プラス側とマイナス側がひと目で確認できるようにしたかったから。アルミケースをパソコンの側に置いて使うので、パソコン側のジャックを短いほうに配置した。

これで、問題なくVAIOに充電することができた。大型ダイオード+アルミケースの効果は絶大で、ぬるい暖かさで、触れないことではなくなった。

やっと手持ちのノートPCはすべてモバイルバッテリーの恩恵を受けられるようになった。

外付け大容量モバイルバッテリーを購入したので、パソコンへの接続ケーブル(充電ケーブル)を検討しないといけない。

2つ前の記事に書いたとおり、ソニー以外のノートPCについては、幸いというか、なんとか充電ケーブルの問題を解決した。

さて、ソニーの2台について、工夫したことを書いていきたい。

パソコン名 Sony VAIO TZ91HS。
OSがまだVista時代の十数年前に購入したもの。コンパクトという点ではいまでも通用するが、Windows10を動かすよりも、自分はUbuntu 16.04LTS 64Bitバージョンを入れて使っている。メモリを2GB、記憶媒体をSSD 128GBに換装した。

モバイルバッテリー付属のプラグAで使えることは使えるが、プラグが長過ぎて、接触不良な状態。

そこで、パソコン付属のACアダプターのDC側ケーブルを真ん中に切断し、標準ジャックとプラグ(外径5.5mm、内径2.5mm)取り付けた。2.5mmの標準プラグにした理由は、モバイルバッテリーのDC出力が2.5mm標準ジャックだからだ。

ACアダプターのケーブルを切ってしまうことに抵抗感を覚えるひとも多いと思う。そうならば、中古のACアダプターあるいは互換品でも構わない。ACアダプターを物色する時間がないことと、切っても元通りにする自信が自分にあったので、今回は切断することにした。この方法を使えば、どんなに珍しいノートパソコンでも充電ケーブルを作ることができるはず。

ジャックとプラグの用意、そして半田付け作業。時間にしては10分、完璧な充電ケーブルができあがり。

ACアダプターを使うときにはACアダプターのDCケーブル側に、外出時にモバイルバッテリーを使うときには直接バッテリーに接続すれば、パソコンが使えるわけだ。

無論、将来のために、パソコン専用のバッテリーをすでに2本購入はしているが、いつまでもバッテリーが購入できるわけでもなく、売値が高くて買う気にならないことに備えるためにも、外付け大容量モバイルバッテリーという選択肢は魅力的だ。バッテリー交換可能なノートPCが少なくなっていることも忘れてはいけない。

パソコンのディスプレイに関し、Macの場合は無条件に解像度が高いほどよいが、Windowsでは、ひとによって最適な解像度というものがある。

しかし、それをしつこく言及するひとはあまりにも少ないので、ネット上に同様な意見をみたら、思わず拍手を送りたいほどだ。

「気になった点は、ディスプレイの問題というよりWindowsの問題なんですが、150%でスケーリング表示されるとにじみます。これは勘弁してほしいです。自分は資料表示用のつもりで買ったのでスケーリングをきりましたが、メインとして使うと「アイコンは大きいがにじみがひどい」か「表示はシャープで綺麗だがアイコンや文字はとても小さい」の二択になります。重ねて言いますがディスプレイの問題ではなくWindowsの問題です。」

上記の文章はAmazonにあったカスタマーレビューのひとつだ。言いたいことはそこに濃縮されている。毎日ほとんどがパソコンの前で過ごし、しかも近視と老眼を患う自分にとってはよく理解できるから。

小さいディスプレイサイズに高解像度を追求すると、必然的に文字のサイズが小さい。毎日十時間以上の長時間でそれを見ていると、近視やストレスになるだろう。いや、文字のスケーリングを変えればいいじゃないか、そう説明するひとやサイトがあまりにも多い。しかし、文字のスケーリングを150%以上にすると、にじみがひどくなるだけでなく、せっかくの高解像度が無意味にしてしまう。画面解像度がフルHDだと、縦方向のドット数が1080になるが、150%にしてしまうと、縦方向のドット数が720でしかない。

キーボードやマウス操作でその場その場で切り替えて使えばいいという意見もあるが、正直言って面倒くさい。しかも、完全な対応でもなく、Windowsの都合にユーザーが寄り添っただけ。

根本的改善策はOSに求めるしかない。Macのようになれば無条件に高解像度に賛成だ。本当に情けないMicrosoft社。

最近、Windowsではなく、Ubuntuを使うことが多くなった。UbuntuではMacほどではないが、文字サイズと解像度との処理に関してはWindowsの上を行っている。無料のOSとしてはよくやったと思う。

いくつの理由でモバイルパソコンを多用になっている。携帯するには小型であればあるほどよいが、実用するには文字サイズとの兼ね合いで、サイズの下限が決まってくる。文字サイズが大きく、素晴らしいと思ったのは、10年前のThinkpad X60等のXGA(1024×768)ディスプレイ。表示エリアの縦サイズはなんと185mmにもあり、いまの15インチディスプレイの縦サイズに匹敵するほどだ。しかし、そういう類のモバイルパソコンは死滅、細長い高解像度という妖怪に駆除されてしまったから。

ということで、低解像度の15型モバイルディスプレイを入手するつもり。

GeChics社 On-Lap 1503A 15インチ 解像度1366*768(WXGA)。表示エリア(344.2×193.5mm)か同類品

Aceyoonの50000mAhというノートPC用モバイルバッテリーを購入したので、各種のノートPCのジャック規格を整理してみたい。

モバイルバッテリー付属DCケーブルの共通したジャックの規格(メス側):外形5.5mm×2.5mm

以下の(A)~(H)の情報はAmazonの商品から得たもので、確認していない。
プラグ(オス側):
(A)6.5mm×4.4mm ソニー・富士通など
(B)6.3mm×3.0mm 東芝など
(C)5.5mm×2.5mm 東芝・IBMなど
(D)5.5mm2.1mm ポータブル機器など
(E)5.5mm×1.7mm ※Acerなど
(F)4.8mm×1.7mm ソニーなど
(G)4.0mm×1.7mm ソニーなど
(H)5.5mm3.0mm サムスンなど

一方、手元のPCで実物確認ができたものは以下。

Sony VAIO PRO 13型(モデル番号 SVP132A1CN)。
付属ACアダプターは出力10.5V、定格電流3.8A、45W。
プラグの中央がプラス電極、出電圧は無負荷時、実測で11.2V。
プラグ番号Fで適応することを現物で確認した。
モバイルバッテリーの出力9Vでも、12Vでも充電不可、工夫が必要。

Sony VAIO TZ91HS。
付属ACアダプターは出力16V、定格電流2.8A。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Aで適応。ただし、モバイルバッテリー付属のプラグAは長すぎて、フラフラしていて、接触不良を起こしたりする。
モバイルバッテリーの出力16Vで充電可能。

Lenovo X61S。
付属ACアダプターは出力20V、定格電流3.25A、65W。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Kで適応。
モバイルバッテリーの出力20Vで充電可能。

Lenovo X240。
付属ACアダプターは出力20V、定格電流2.25A。
プラグ番号Rで適応。
モバイルバッテリーの出力20Vで充電可能。

Panasonic Let’s Note CF-W5。
付属ACアダプターは出力16V、定格電流2.5A。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Cで適応。つまり、プラグがなくても、DCケーブルだけで充電可能。もっとも標準化に寄り添うパナソニックはすごい(本日初めて知ったけど)。
モバイルバッテリーの出力16Vで充電可能。

Dell Vostro 1000。
付属ACアダプターは出力19.5V、定格電流3.34A。
プラグはセンタープラス。
DELL用プラグで適応。
モバイルバッテリーの出力19.5Vで充電可能。

Apple MacBook Air 11、mid 2011
付属ACアダプターはMagSafe 45W、出力14.5V、定格電流3.1A。
別売専用ケーブルで対応(下の写真参照)。
専用ケーブルは型名がPonkor Macbook Pro充電ケーブル、Magnetic 1 L-チップ電源コード。アマゾンでの売値は1299円。
モバイルバッテリーの出力15Vで充電可能。

Apple MacBook Pro 13、mid 2014
付属ACアダプターはMagSafe 2, 60W。出力16.5V、定格電流3.65A。
上記の専用ケーブルに変換アダプター(下の写真参照)をつけると充電可能になる。
つまり、モバイルバッテリーの出力16Vで使用可能。

ノートPCの機種によっては、変換プラグを探すのは大変かもしれない。Amazonあたりで製造コストが高々数百円のプラグを1~2万円で売りつけようとする悪徳業者がいる。ハードオフやヤフオクでACアダプタを安値(数百円)で購入し、ケーブルを切断して標準プラグ(外形5.5mm×2.1mm)を自分で取り付けるのは最も安心で低コストの解決策になると考えている。

手持ちノートPCの中で、ソニーの2台ともが問題あり。他の機種はすべてOK。ソニーの2台はとかしないといけない。

新年早々、iPad Miniが到着。64MB WiFiモデル。これで、iPad、MBP13、MBA11、Mac mini、計5台の運用体制になった。

資格受験関係のアプリを入れて、当面その方面で頑張ってもらおう。大型携帯としての役割を期待している。

150109

せっかくiOS関係の記事になったので、最近ハマったアプリをひとつ紹介すると、中国語がわかる方には「百度閲読」というアプリをお勧めする。中国の最大手検索会社百度が出した読書アプリで、数多くの書籍が無料で読める。著作権違反でもなく、一部の内容しか読めないというわけでもない。しかも新刊がほとんど。書籍のページに所々広告が入り、それで無料にできた理由らしい。日本には残念ながらそういうアプリは知る限りでは、見当たらない。

聞かれた。中国語を勉強しているが、Microsoft Wordで中国語漢字の四声をどう入力すればいいかって。

知らないと答えた。だって試験問題(四声の部分は手書き)以外に、四声を使ったことはなかった。そこで、その場で調べておくと付け加えた。

さて、調べた答えは以下のとおり。ただ、確認作業は 日本語Windows 8 + Microsoft Word 2010 で行った。他の環境では異なるかもしれない。

  1. WordのフォントをSimSunに切り替える。つまり、日本語なら使うところの、MS 明朝やMS ゴシックはあくまでも日本語用であって、中国語には、SimSunやSimHei等の中国語フォントを使わないといけない。
  2. Wordのメニュータブ「挿入」のなかの、「記号と特殊文字」のなかの、「その他の記号」を選ぶ。すると、「記号と特殊文字」というダイアログが開く。種類を「ギリシャおよびコプト」に切り替え、四声の記号をそれぞれクリックして、「挿入」ボタンを押し、Word文書にとりあえず入力しておく。中国語フォントにしないと、四声記号が表示されない。だから、1の作業を先にやっておく必要がある。141221-1
  3. Wordの「ルビ」機能をつかって、ピンインの上に四声をつける。たとえば、「ni hao」(你好)の、i と a に、それぞれ第一声と第三声をつける。注意点として、ルビへの四声の入力はコピペ(Ctrl-C & Ctrl-V)でやること、ビルのサイズをやや大きめにしたほうがよいということだ。なお、中国語漢字にルビをつけると、ピンインが自動的に付け加えられるのでとても便利。141221-2141221-3

不満をひとつあげるなら、四声とピンインとの間隔をもっと詰めてもらいたいものだ。

SSDが余っているので、ゴミ化した VAIO TZ(正式名称 VGN-TZ91HS)に入れてみた。というものの、分解するのに1時間以上の格闘を要した。

TZには、1.8型HDD内蔵の機種もあったようだが、手持ちは光学ドライブの代わりに2.5型HDD 200GBになっていて、ラッキー。

SSDはSamsung 840 EVO 120GB。

換装にあたっての前準備:

  1. フリーソフトEaseUS Partition Master Free Edition を利用して、内蔵HDDをボリューム縮小する。コピー時間の節約という観点から、HDDの使用領域ギリギリまで縮小してよい。なお、Windows内蔵のディスク管理機能ではうまく縮小できなかった。
  2. フリーソフト Easeus Todo Backup を利用して、内蔵HDDをSSDにクローンコピー。

換装後の後処理:

  1. Windows内蔵のディスク管理機能(または、EaseUS Partition Master Free Edition)を使って、SSDのパーテションを最大限に拡大する。
  2. Samsung 840 EVO付属のソフト Samsung Magicianで最適化を施す。

以下は分解時の内部写真。ファンにゴミがほとんどついていなかった。延べ使用時間は100時間以内かも。

141127

141127-1

キーボードの裏側。

141127-3

マウントしたSSD周り。

141127-2

仮立ち上げ。1回で成功。

141127-4

ただ、AHCIモードがBIOSレベルではサポートされていないので、スピードの改善は限られている。

141127-5

SSD搭載ノートPCは7台目になった。貴重なHDD搭載機をこれ以上減らしたくないので、手持ちPCのSSD化はこれで一段落。

1年前に購入した Thinkpad は、相変わらず相性が良くない。上海滞在の3ヶ月間は故障なく頑張ってくれたが、最近になってまた機嫌が悪くなった。

aMuleを入れて使ったらブルー・スクリーンになり、その後ますますおかしくなっていった。仕方なく、Win8.1でクリーンインストールし直した。しかし、3回やってもいずれも途中でブルー・スクリーンになってしまう。

内蔵HDDを疑い、256GBのSSDを調達して再チャレンジ。情報によると、Win8ならうまくいくとのことで、Win8.1を諦めた。その結果、いまのうち、安定しているように見える。

つまり、HDDの問題ではなく、OSとの相性の問題のようだ。ただ、Win8でも、残り80%(2時間強)のバッテリーが数分のうち、一気に6%(15分)に低下したトラブルがあった。原因追求はまだできていない。

PCにこんなに遊ばれた経験は初めてだ。Lenovoはやはり品質不良品が多いか。

I141126

以下はメモ。英語キーボードだが、Google日本語入力とGoogle中国語入力(谷歌ピンイン入力法)に対し、ソフトautohotkeyを利用して、日本語⇔中国語入力切替(デフォルトはWin+SP)はTabキー、日本語半角全角切替はCapsLockキーとした。従来のTab入力はCtrl+Tabで。

<AutoHotkey.ahk ソース>
CapsLock::vkF3sc029
Tab::#Space
^Tab::Tab

なお、SSD換装後のWindowsエクスペリエンスインデックスは以下のとおり。

141127

新しいMacBook Pro 13 は手持ちの MacBookAir 11とは異なる電源アダプタを使っている。MagSafe 2 (60W) と MagSafe (45W)、名称も異なる。写真からもわかるように、わざと共用できないように設計されていて、厚みと幅でそれぞれのアダプタしか使えないようにしている。

141117-6

自宅と仕事場とでそれぞれ1台置けば、電源アダプタを持ち歩かなく済むのに。そこで、コンバータなるものを探した。なんと、Mac自社製の商品があるのではないか。しかも、ちいちゃいのに、千円もする。自作も考えたが、磁石やバネを内蔵させるには結構面倒。ということで、降参して注文した。

141117-4

141117-3

141117-2

MacBook Air 用のMagSafeにつけると、MacBook Proにやっと使える。しかし、逆はまた別のコンバータが必要のようだ(と言いつつも、そういう商品が存在するかどうかは不明)。

141117-1

141117-5

L型になっているので、電源コンセントが右側にある場所では、コンバータ利用したほうがスッキリする。

とっても小さいので、無くさないような工夫がしてほしかった。

珍しいものを入手した。ソニー製ノートPC VAIO VGN-TZ91HS 用バッテリー VGP-BPL11 。VAIO自体はほとんどゴミ化しているが、その機種の問題点を解明するためだ。

問題点というのは、バッテリーの放電(漏電)。Win8はいざ知らず、当初のVistaでも、電源を切って数日放置したら、バッテリーの電力が半分になったり、空っぽになってしまう。急に会議に持って行き、使おうとしたらひどい目にあってしまう。

その機種はリコールの対象にもなっていた。ソニーの技術というと、相変わらず法螺吹きが多い。しかし、VAIOはソニーが手放した現実を直視すればその技術力のレベルはわかるものだ。

新着バッテリーは新品と謳っているが、確かめる術はない。製造番号をみると、付属品よりは製造時期が新しいようだ。それでも2007年の製造らしく、どこまで使えるかは不安。満充電して、放電・漏電の件を含め、いろいろ実験してみたい。

141115