弟子希望者の半田付けを指導した。やり慣れた作業だが、指導となると簡単でない。コテで温め、半田を付けるだけのことだから。でも、いくら見せても綺麗にできない。やはり、技能の習得は目ではなく、手足を使わないと覚えられない。まあ、まだ若いから、沢山作って、それを最高の喜びと感じたら職人になれる。電子工作は慣れ+情熱。

秋月電子通商に注文した、LEDと抵抗の1式は、本日指定した時間内に自宅に届いた。

基盤に半田付けする前に、LEDの明るさや、電流、計算した抵抗値が本当に大丈夫かどうかを確認するために早速実験開始した。

3本のLEDと抵抗とを直列接続するだけのシンプル回路なので、LEDと抵抗の長い足を切らずに、それぞれ重ねて半田付けした。

12Vの電圧を回路の両端に印加して、流れる電流値を測定した。

注文した100Ωの抵抗では、上限の30mAの電流になってしまった。LEDに印加されている電圧は代表値としてデータシートでは3.4Vと紹介されているが、いまの実験結果では約3Vのようだ。

夏の車内等の高温環境下では最大許容電流が低くなるし、また車のバッテリーも上限15Vと見積もったほうが安全なので、抵抗値は100Ωではなく、
その倍の200Ωにしないと壊れるかも。これから注文される方は200Ωにしてください。なお、抵抗値を200Ωに変えると、流れる電流値は15~18mAになる。

注文してしまった100Ω抵抗は2つ直列して、200Ωとして使うことにする。1/6Wのカーボン抵抗は結構小さいので、2つ使ってもほとんど余分なスペースは取らない。

なお、明るさは真っ暗の部屋でも、細かな文字まで読めて、期待を裏切ることはなさそう。それよりも、明るすぎて、車外に丸見えにされてしまう心配はしている。ただ、どうしても明るすぎた場合には、LEDを切ってしまうつもりだ。

探したけど、数年前までに手元にあったユニバーサル基盤が手元に見つからなくて、週末にどこかから調達しないといけない。しかし、週末はほかのことで忙しそう。年度末なので。

新車をちょうど一週間運転してきた。加速力がすごいといううわさだが、市内では走りたくても走れない。週末、高速並みの自動車専用道路を走ってみようかな。

さて、いつもの通り、新車の改造が始まる時期。まあ、1ヶ月も経てば熱が冷め、なにもしなくなるはず。

PCと同じ考えだが、もとの状態にいつでも戻せるような改造しかやらない。下取りに出す時は初期状態に戻すつもり。

市内運転するので、悪い癖として信号待ち(あるいはノロノロ運転)時になにかを見る習慣が本人にある。助手席からはもちろんやめてといわれるが、聞く耳はもたない。

ということで、夜間照明用のマップランプをまず改造してみたい。もとの状態では多少暗く、LED化にもなっていないので、本人にとっては実用価値大の改造になりそう。LEDの魅力はなんと言っても、明るい、省エネ・バッテリーに優しい、長寿命。

ヤフオクでも手作りのものが出品されている。元のランプ(電球)と差し替えるだけの手軽さのようだ。それをヒントに自作してみる。

取扱説明書では、マップランプの電球のサービスデータは 12V/8W となっている。電球の大きさについては取説に記述箇所がないので、車から実物を外して確認する。

資料かなにかを実際に運転中読むので、超高輝度白色LEDが良い。青色だと見た目は室内の夜間照明にマッチングするが、実用性では却下。

昔良く世話になった秋葉原の秋月電子通商のWebページを探したら、最も明るいLEDを発見。

 http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?p=1&q=%22I-00955%22
 ■25,000mcd 最も明るい白色LED 台湾Opto Supply社 OSPW5111A-YZ
 ■半減角:15°
 ■Vf=3.4V (typ.)
 ■If=30mA
 ■単価50円

ヤフオクの出品では18個LEDが実際に使われているが、今回は15個にする予定。マップランプは左右2つ(運転席と助手席)あり、計30個の発注になる。

使ってしまう電力は 12V x 18mA x 5グループ = 1.1W、もとの8Wに比べれば1/7以下の省エネになる計算。明るさについては、LED直視できないほどと宣伝しているので、かなり期待できそう。

明るさを安定化させるため、ネット上に定電流ダイオードを使うアイデアもあるが、定電流ダイオードそのものに5V以上の電圧をかけないと定電流にならないので、今回は見送る。つまり、2個のLEDと1個の定電流ダイオード(印加電圧5.2Vになる)の直列回路では配線がかなり面倒に思ってしまうから。結局は3個のLEDと1個の抵抗の直列回路というもっともシンプルな回路に落ち着かせた。

最終的に、注文リストは以下になった。

 I-00955 超高輝度白色LED OSPW5111A-YZ 30個 ¥1,500.
 R-25471 カーボン抵抗 1/6W 100Ω(100本入) 1パック ¥100.
 送料 ¥500
 代引手数料 ¥300
 総額 ¥2400

都内住まいだと、総額から800円さらに節約できるが、代わりに電車代がかかる。ちなみに、ヤフオクでは開始価格がこの倍の金額になっているので、時間暇あれば、全車種対応に拡大して、新車代ぐらいの一儲けも夢ではないかも。

そのほかに、LEDと抵抗をのせる基盤、電球代わりの口金4個が必要。これらは実物に合わせるしかないので、ネット注文しないで、近くのカーショップやホームセンターから物色する。

注文品が届いたら、半田づけして、実際の使用感をつぎの記事に書くね。

以下からは実車の写真(2007年型 本田 ストリーム 2.0 RSZ、MOPカーナビ装備車)

↓マップランプ

070324-1.jpg

↓運転席側のカバー(レンズ)を外した状態、思ったよりもスペースが少ない!

070324-2.jpg

↓取説に従い、大きめのマイナスドライバを使用(写真は外した状態だが)

070324-3.jpg

↓カバー(レンズ)にキズやひび割れがつかないように、ドライバになにかを被せる

070324-4.jpg

↓外した電球(ランプ、東芝製 12V 8W)とカバー(レンズ)

070324-5.jpg