131010.jpg

1冊の本が手元に届いた。1919年生まれの王翰章教授が、8年間かけて、自分の人生のなかで、記憶に残った多くの出来事をひとつひとつできるだけ具体的に、詳細に書き下ろした自伝・家族史というもの。1949年に医学博士を取ったことからもわかるように、著者が生まれながらにしてトップレベルの教育を受け、裕福な環境で育った知識人。その分、本に書かれたことは記憶違いがあるかもしれないが、真実・事実とみてよさそう。また、写真が多く添付され、当時の社会の現状、文化人の思索を知る上で貴重な1冊といえよう。日本軍が当時の北京でどういうことをやっていたか、自分が注意深く見た。

自伝という意味では、本サイトが十分機能するとは思えない。家族や知人に迷惑をかけてはいけないので、毎日の生活のなかから、面白そう、役に立てそう、公表しても問題にならないものをピックアップして記事にしている。その結果、趣味に偏ったサイトになっている面は否めない。

ただ、すべての事実は書けないにしても、書いたことがすべて事実であるべきだという信念は自分にある。立場の違い、間違った理解、個人の価値観による記事もあろうが、誰かに言われて、なんとか圧力に負けて、誰かに迎合するために書いた記事はひとつもないと考えている。

そういう意味では、本サイトが何十年後も続くのであれば、自伝出版のための素材になりうる。多くの写真が残っていることはとくに貴重だと思う。

悔いのない人生。自伝の最後に書けるように毎日を楽しく、力強い生きていきたい。お医者さんの自伝をみてそう思った次第。

ジャンク X61s のいままでの使用時間が気になっていた。PC本体の使用時間を記録する機種もあるが、一般的には、内蔵されているHDDからSMART情報を頼りに調べれば、ある程度のことがわかる。

さて、職場で使っているメインデスクトップPCのHDDを調べてみた。2008年初に購入した DELL VOSTRO 400MTという機種。CPU Q6600 2.4G, 4GB, 500GB。エクスペリエンスは以下のとおり、今風のノートPCにも負けているが、不満を感ずるところはない。OSはまだWin7。

130926-1.png内蔵HDDのSMART情報。項目名は英語が分かりやすいので、英語にした。値も10進数表示に切り替えた。こんな綺麗に値が揃っているのは珍しいかも。

130926.png確認したところで、いままでの仕事パターンが見えてきた。電源投入回数が2200回から、稼働時間を5年9ヶ月(計2090日)、勤務日数を単純に週休2日、延べ1490日として計算すると、1日約1.5回のPC立ち上げになる。また、使用時間が1万650時間から、1日当たり約7時間の稼働。

休日・休暇・出張等で、実際の出勤日数は1490日に満たないし、職場にいても、PCの電源がいれられない状況や、大震災による停電や節電等、厳密に計算するのは難しい。

HDDのSmart情報はデータ消去だけでは消えないので、プライバシーにうるさいひとはHDDを物理的に壊しておこう。ドリルで穴をあけるとか。HDDの基板も含めて壊さないといけない。

Smart情報の書き換えは素人でもできるか。一度チャレンジしてみたい。

ゲームソフトWiiスポーツリゾートのピンポンでやっとルシーアに勝った。たまたまだけど、コツが解れば勝てない相手でないことがわかった。

チャンピオンに勝ったからといって相手がいないわけではない。どういうわけか、あきらがまた出てきたりする。

130609-10.jpg130609-11.jpg

<追加6.15>
 2000点を超え、超人になった。ルシーア以降は簡単だけど。やり直しすれば相手が変わるし。

130615-4.jpg

数ヶ月、とくに最後の1ヶ月、全力投球してきたボランディア活動は明日の大会開催をもって終了。自分には、大きな経験というものが残るだろう。2度とそういうことを引き受けないだろうけど。

使えるひと、使えないひと、邪魔になるだけのひと、こういう大きなイベントがあるとよくわかる。テンポがあい、やりたいことを互いに言わなくても通じる仲間だとやりがいを感じる。

いろいろな問題、自分の犯したミス、明日明るみになるかもしれない。予想するものとして、
① Webサイトがみれない
② Web参加登録ができなかった
③ パスワードがもらえなかった
④ プログラムのミス
⑤ 報告論文集のミス
どれもうまく言ったら当たり前。間違ったら責任問題。

まあ、ともあれ成功を祈る。

前の記事に書いたが、ストレス発散や健康管理にWiiソフト Sports Resortを最近よくやっている。人間の相手として、いろいろなキャラが登場するが、最も強い選手といえば、チャンピオンのルシーアとあきらの二人(人間じゃないけど)。

ルシーアはありえない瞬間移動や、絶妙なパスが得意、文句なしのチャンピオンに対して、あきらは隙のない選手。どんなに打っても、ちゃんと玉を返してくれる。ひとによっては、チャンピオン以上の強さだという。

ところで、昨晩やっとあきらに勝った。左右左右とミスなくラリーが続くと、一瞬あきらに隙が現れる。それを狙って打てば勝つことに気づいたから。あきらから積極的に仕掛けてくることがないので、丁寧にゆっくりと玉を返していけば、勝てる隙が出てくる。つまり、辛抱づよくやれば勝てない相手ではない。

問題はルシーア。4:6まで粘ったこともあったが、まだ勝てないでいる。

130517.jpg

今年に入り、某学会の春季大会実行委員会事務局に入っている。自分の知らなかった学会だが、周りに会員が5人もいて、そう小さな学会でないかもしれない。

会員でいても、使いモノにならないとの判断だろうか、おひとよしの自分が手伝いに頼まれた。なんでもハイハイという性格なので、なんの見返りも求めず事務局に入った。

やってみたら、ショボイ学会だなとつくづく感じた。大会用Webサイトがない、参加申込用フォームがない、発表原稿となる見本がない、会員かどうかの確認すらネット上ではできない。

ということで、すべてボランディアでやってきた。メーリングリストの作成、Webサーバの用意、Webサイトの立ち上げ、発表申込の受付、原稿の受付、参加の受付、報告論文集(印刷代がないので、PDFファイルのみ)の作成。事務局の皆さんも一生懸命だが、技術的なことになると、どうしても自分ひとりになってしまう。

数十万出して外注する仕事をひとりで黙々とやっている。土日を使ったり、夜9時頃帰宅したりしていても、本業の仕事も半端でない忙しさなので、時間がいくらあっても足りない。

昨晩やっと、400ページになる報告論文集が出来上がった。80件を超えた報告論文をPDFでまとめ、形の見えるものが現れて達成感を味わった。

春季大会が終われば、自分になにも残らないと思うが、おひとよしという噂は広まるだろう。ヒトに頼むよりも自分でさっさとやってしまうし、文句を言わないし、周りから見ればそれ以上都合のいい人間ロボットはいないはず。

<メモ>
① 原稿はWordファイルがよし。PDFへの変換作業が面倒だが、書式の変更(内容変更は著作権のことからやってはいけない)等はこちらでできるから。
② A4以外のPDFファイルがきたケースでは、Acrobatの印刷機能をつかって、プリンタをAdobe PDFに、さらにプロパティにてプレス品質に設定した上で、ファイル出力すればA4サイズに変換される。
③ ページ番号付きのPDFファイルがきたケースでも、Acrobatの長方形ツールをつかってページ番号を隠して上記同様 Adobe PDFに印刷出力する。
④ あらゆるプリンタで印刷できるためには、原稿のフォント埋め込みを確認すべし。問題あれば、②の作業をする。
⑤ ページ番号は本文より振り直す。つまり、表紙にはページ番号はいらないが、ご挨拶・プログラム(目次相当)にページ番号を振っていても、本文以降は1にリセットしなおすべき。そのため、表紙、ご挨拶+プログラム、本文以降と3つにそれぞれ結合させ、後の2部にさらにそれぞれページ番号をつける。最後に3部を再結合させ、論集として仕上げる。
⑥ 報告論文集の権威性・正当性を保つため、各ページのヘッダーかフッターに、必ず大会の名称・開催日・開催場所を入れる。また、大会実行委員会・報告論文集の編集責任者を必ず裏表紙に入れる。
⑦上記の正当性を保つために、セキュリティを設定して仕上げる。許可しない項目は、文書の変更、文書アセンブリ、ページの抽出、注釈、署名。
⑧ しおりをつけると使いやすくなる。
⑨ 最後に必ず文書の検査をやるべし。問題になりそうな情報を削除する。

我が家では、Wiiは健康管理に役立っている。Fit Plusで体重や肥満を毎日測り、年齢に一喜一憂したりする。

また、Sports Resortのピンポンが皆の大好物。Motion Plusをラケットの代わりに使うだけだが、結構リアリティがあり、ハマっている。

今日も朝っぱらからMiiでキャラを作り、ゼロからスタート。6,7回の試合で名人になり、さらに数回で熟練度1500点を超え、チャンピオンと出くわした。しかし、そのチャンピオンに勝ったことはまだないので、気持ちで負けてしまった。

勝つ日はくるのだろうか。

130429-1.jpg130429-2.jpg130429-3.jpg

春が急に訪れた感じ。ここ宇都宮も桜が開花したとか。暖房は室内でも車内でも使うことがなくなった。

しかし、春は自分にとって大変辛い。花粉症にかかっているから。ひとのまえで鼻水が出てきたらシャレにならないからね。薬を飲めばなんとかなるが、眠くなってしまい、仕事ができなくなる。

今年、中国からのPM2.5が日本でも話題になった。中国も問題山積だが、日本も負けていない。放射能汚染は続いているし、花粉が国民病と称されるように、多くの国民を悩ませている。PM2.5と花粉と、どちらかを選べといわれたら、自分だと間違い無くPM2.5を選びたい。それほど、花粉症は辛い。

日本政府は中国を批判するのもいいが、国民のために、国家予算で杉木を処分することができないか。自分にとって、花粉が環境汚染以上の深刻な問題なので。そう思うひとが大勢いるんじゃないかな。周りにマスクを1年中着用しているひとをよく見かけるし。

130322-10.jpg