火曜までがGWだったので、水曜からは猛烈に仕事に取り込んだ。まだやらなきゃならないことはいっぱい残ってるが。

金曜は本来自分のことだけをやっていい曜日なのに、GW関係上、仕事が入ってた。5月というのに、初めての顔合わせのひとも現れてきた。長くやっていけるかどうかは判らないけど、面白そう。

いまの若者はすごい。いきなり生活費をヤフオクで稼ぎたいと言い出した。ケータイにつける手作りアクセサリのようだけど、売れるかな、心配。まわりのひとを動員して、手作りしてもらうとか、結構将来のことまで考えているようだけど、現実はそう甘くないかもね。

でも、何事もチャレンジ。若いから失敗してもやり直す時間はいくらでもある。再起不能になるようなダメージだけは避けてほしい。

今週末はマンションの仮契約をする以外、とくに予定は入れてない。皆が遊び疲れで、のんびり週末を過ごす気分のようだ。

昨晩もなんとなく、暗いドラマ「ラスト・フレンズ」をみてしまった。PCの仕事をしながら、ディスプレーの一角に映像を表示させてみるだけだから、そんなに時間が取られた意識はなかった。

暗い男はやはり救いがないようだね。雨にぬれて風邪を引いたその男は、相手の母性本能を自分の弱さを見せて引き出そうとしたり、暴力振るったり、しまいに自殺するから来なくていいと、相手に動揺を与えたり、一日中引き止めることばかりを考えていたようだ。

この前のお出掛けで、友人が良いことを言ってくれた。あなたのひとであれば、なにもしなくてもついてくるし、縁のない相手だと、どんなに引き止めても無駄だよね、と。

相手を引き止められないことは、結局、自分の魅力がないというか、人格に欠陥があるということだよね。少なくとも、相手の望むものが足りないということだ。だから、欠けたものを補い、自分を成長させることをまずしないといけないと思う。

世の中にいろいろなひとがいる。自分の欠陥ある人格に魅力を感じるひともいっぱいいるはず。そういう相手を探すのもひとつの手。多くのところに顔を出し、出会いの機会を増やすことだ。

でも暴力男を好む女性はそんなにいないと思う。女性は現実を冷静に見てるからね。恋愛の初期段階では熱くなり、許してくれるかもしれないが、そんな状態はいつまでも続くはずはない。暴力は、賭博・浮気・麻薬・借金と同様、脳神経に強い刺激を残すことから、癖がついてしまう。暴力を一旦振るってしまったら、なかなか直せないものだ。

昨晩、横揺れの地震波が何回も(記憶では4回)繰り返し襲ってきた。震源は近くと感じる揺れだった。1階に住んでいるので、それほど大変な揺れではなかったが、高いところに住んでいれば、非常に不安だったと思った。

地震が起きると、守るべくひとのことをまず考えてしまう。電話したりメールして、安否を確認するものだ。近くの茂木町も震度5だった。茂木町は昔、洪水に襲われたこともあったし、大丈夫だろうか。

飲用水や、数日分の生活費の確保等、地震への備え、もう一度点検したいところ。日本に住んでいる以上、地震というリスクを常に背負って生きていかないといけない運命。

ネット上には今晩に大きな地震がまたやってくるという書き込みがあった。地震雲の出現も確認されたそうだ。まあ、未来のことは分からないけど、地震への備えをしっかりやっていこうよ。

マンション購入が本気モードになった。販売価格は、この町では高いほうだ。でも広さのことを考えれば、選択肢は実はそれほどない。他の分譲マンションは狭いのがほとんどだから。

男なら1つ2つ買えないとダメだね、と恩師の言葉を思い出した。恩師が定年退職されたが、良いところに一戸建を構えている。

知人も離婚の際に、親の反対を押し切って、相手にマンションを明け渡した。本来ならば半々で良かったが、立派な男だよね。でも凄いことに、その後、すぐ新しいマンションを購入したとか。それなりの資産家ってことかな。

いままでの自分のわがままに比べて、これぐらい家族にプレゼントするのは当たり前のこと。入居できるのは1年先だけど、その間楽しい夢を見て過ごそう。


080508.jpg

朝から晴れていて、ドライブ日和だ。ガソリンの高騰が嫌だけど、気分転換できるならしょうがない。

好きなひとと、自由に会話したり、食べたり、音楽聴いたり、それ以上贅沢なプライベート空間はない。モバイル通信環境も一応整備したので、ユビキタス時代の先取り気分を満喫できそう。

この時間帯なら、1時間で奥日光まで辿り着ける。山を越えて、福島まで行きたいところ。時間が許すなら、登山もしたいなぁ。


080506.jpg

天気が悪く、予定のドライブは中止。日本は休日だけど、上海株を久々トレードしてみたくなった。

昨晩のドラマ、ドM男に興味ないが、台詞に納得した。

「運がよかったんだよ。彼女はな、その元彼をみたいためだけに生きることのむなしさを知ったのだ。運命とはな、アンラッキーをラッキーに、ピンチをチャンスに変える力のことなんだよ。」

ひとと出会い、自分の人生がピンチからいい方向に変えられたら、その相手が運命のひとだと理解していいと思うし、逆に人生が変な方向に曲げられたら、さっさと相手と別れるべきだ。

別れたひとと再会した瞬間、相手に期待し、待っていた自分の空しさから目覚めたことは、自分の将来をプラスに変えるので、運命の再会と考えてもいいじゃないかな。

人間の記憶は結構いい加減なものだ。相手をいいほうに思えば思うほど、記憶も美化されていく。当時の嫌なことが忘れ、楽しいことだけが繰り返し蘇らせ、記憶の強化につながる。しかし、相手が目の前に現れると、美化した記憶が一気に崩壊することもある。幻滅ということだ。


080505.jpg

緑の日ということで、日光植物園に行ってきた。

日光高速道を使えば、30分足らずで日光駅につく。片道400円の高速料金は必要だけど。

しかし、高速道を降りたら、大渋滞に巻き込まれた。数キロの道のりに1時間ぐらい掛かったのかな。日光市内にもひとが大勢いた。

日光植物園は東大が所有している。マニアックな人間でないとすぐ飽きてしまう。本人もそのひとり。園内の植物を道草としか認識できなかった。でも、家族連れやカメラを抱えて撮影するひと、それなりに賑やか。カップルは流石に少なかった。

08050401.jpg 08050402.jpg   08050403.jpg

週末、いつもの通り、近くの朝市に行ってきた。

バーコードが活躍してることに初めて気付いた。というのも、農家のひとが、バーコードのついた果物や野菜を自家用車から降ろして、そのまま棚において帰ってしまう。値段等の設定も農家が自由でいいみたい。ただ、良いのは、バーコードの脇に生産者の名前がちゃんと書かれている。消費者が安心するわけだ。消費者が支払が完了すると、バーコード情報に従って、生産者の懐に代金が入る。

週末の散歩にももってこい憩いの場所。入場料がすべて無料になったのも嬉しい。すぐ傍に温泉もある。

08050303.jpg
08050304.jpg
08050305.jpg

月1回ぐらいかな、近くの鳥から揚げを買って食べている。前までは1つ350円だったものが値上がりして400円になった。

それでも夕方になると、買いに来る客が多い。日光街道にまでから揚げの匂いが充満。

ぱりぱりして、皮の部分が特に美味しい。ビールのつまみなどにすると最高だよね。

自分はメタポのことが心配で、最近ひとが食べてるのを見てるだけ。食の誘惑には抵抗力がついたのかな。

08050301.jpg
08050302.jpg

夜には久々平塚というラーメン屋さんに行ってきた。

この辺では人気店。いつも店頭まえにひとが並んでいる。売り切れると食べれないので、いつも早めにいくことにしている。

自分にはふつうのラーメンでOK。それでもチャーシューが大きいこと。スープもうまい。お勧め。

そういえば、久々UVaのプログラムを書いた。1年もやってなかったので、ランクが9位に落ちていた。数日頑張ってやっと7位に復帰。できれば5位に戻したい。

08050202.jpg
08050203.jpg