本日はバレンタインデーだが、中国では元宵節でもある。知り合いが大雪のなか、東京からわざわざ持ってくれて、大感謝。

甘すぎるが、子供時代の懐かしい味だ。

140214-1.jpg

大震災の直後には気にしていたが、いまは普通の生活して普通の電気使用量だと思っている。しかし、案外多く使っている。大部分の時間はふたりしかいないのに、電力使用量は610kWh、1日平均21.8kWh。

140209.jpg統計によれば1世帯の電力消費平均は300kWh。それの倍なので、生活を見なおさないといけない。

140209-1.png

久しぶりに友人が遊びに来ようとしたのに、昨晩からは大雪。午後からは風も強くなった。アンテナは倒れないよね。

140208-1.jpg

ぼうとした目玉から飛び出し、窓ガラスを通りぬけ、ユキの仲間になった。ふわふわ、ふわふわ、純白のままで、すべてを覆い尽くそう、赤いものを、黒いものを。

140204-2.jpg

2日遅れて、春晩をみた。政治色がますます薄れ、誰もが楽しめる番組になった。それでも、昔の国民的娯楽がまだ人気のようだ。

140202-4.png

昨日は、市立図書館の本年最後の開館日だった。社会人専用席はさすがに満杯。閲覧室で周りをみてみると、皆は資格勉強のようだ。隣席のお爺さんは70代にみえたが、ペーパーの英語辞書を一生懸命調べて、英語を勉強していた。

資格のための勉強は社会人にとって、自己開発・自己研修、しいては生涯学習に繋ぐ大事なもの。自分が取って良さそうな難しい資格を調べたら、公認会計士、弁理士、司法書士、ITストラテジスト、システム監査技術者、技術士(情報工学)、電気主任技術士(電験一種)、電気通信主任技術者、気象予報士、等など、数十種類がある。今回の第1級陸上無線技術士が終わったら、第1級総合無線通信士があり、それをパスしたら、きっとほかの何かにチャレンジするのだろう。

大した実力がないのに、自己満足している若者が多い。井の中の蛙大海を知らず、そうならないためにも、多く勉強しよう。

仕事は実質木曜に終わり、10日間程の年末年始休みに入っている。無論、家にいても仕事はあるし、受験勉強を仕上げないといけない。近くの図書館は本日までのオープン、逃げ場はないのが残念。

2013年はまず健康だったことに感謝。風邪もせず、大した病気もなかった。相変わらず睡眠いらず、毎朝5時起きているところは気をつけないといけないか。恐らく遺伝の影響だろう、母親が毎朝4、5時起きていたから。当時では母親はすごいと感心していたのに、年齢が重なると自分も睡眠時間が短いことがわかった。

仕事のほうは役職がついて大変だったが、なんとかなりそう。ひととの付き合いは苦手で、リーダーになるタイプではないことは自覚している。

思い出に残るだろうことはアマチュア無線免許の取得。4級を20年まえに取った後、電波の発射できる環境でなかったし、ほかのことで精一杯だった。311以降、電子工作という趣味に再び没頭、ついに無線免許を手にし、頂点をひとつ極めた。そういう国家資格はきっといつか役立つのだろう。1か月後、プロ免許の試験に合格したら、転職や自分の売り込みに有利なはず。

131227.jpg

仕事納めの本日、最寄りの警察署に行って免許証更新をしてくる。仕事が忙しく、なかなかいけなかった。ほぼ毎日運転しているが、5年間無事でよかった。

最近、助手席で座ることが増えた。でも運転を脇でみていると、運転センスというものもあることに気づいた。絶対に事故を起こさないひとと、よく事故るひととの差には、安全運転という意識以上に、周りの状況を素早く的確に判断するセンスの違いがあろう。

車のほうが、しかし、来年で7年目に突入。買い換えたいけど、反対が多く、ずるずるしていると車検になってしまう。ホンダでよければ、新発売のウェゼルが良さげ。

131227-1.png