創刊当初の読売新聞を読むと、外国についての記事が少なかったのが印象的だった。あっても、短い1行か数行だけの見出しで終わることがほとんど。通信手段が電信電報に限られていたからだね。

日本最初の日刊紙「横浜毎日新聞」は1870年の創刊。その後、1872年に「東京日日新聞」「郵便報知新聞」、1874年に「読売新聞」、1879年に「朝日新聞」が相次ぎ創刊された。それよりも少し前の1869年に東京横浜間に電信による公衆電報サービスが始まった。通信手段の発達によって、新聞の速報性が実現したわけだ。それと、1872年に新橋・横浜間に日本最初の鉄道が開業された。

つまり、一般大衆よりも断然速く、日本国内や、世界各地のニュースを集めることが可能になって初めて新聞メディアが成立したのだ。

しかし、今日となって、一般大衆よりも速くニュースを手に入れることは難しくなっている。インターネットの普及によって、いままで資金力で独占できた通信手段の優位性が急速に失われたからだ。

新聞の衰退は避けられない。

iOS4が出たので、早速iPod touchをアップデートした。Appsがフォルダごとにまとめられ、より使いやすくなり嬉しい。

それよりもiBooksをダウンロードしたら、多くの中国古典が無料で手に入り、びっくりした。史記、論語、孫子兵法、三国志、三国志演義、西遊記、紅楼夢、等々。

文字が小さいことはしょうがないが、いつでも暇があれば、それらを楽しむことができて、素晴らしい。

そうなれば、iPadがとても欲しくなる。

2千年前に書かれた本でも、現代人に読める言語は中国語しかない。昔の中国では、商人が最も身分の低い職業。中国の本質は経済大国よりも文化大国なんだよね。

100623.png
100623-2.png

100613-2.jpg

日本の小惑星探査機「はやぶさ」が今晩、日本時間13日午後10時51分に大気圏へ突入する。本体は地球の大気圏で燃え尽きるが、直前に分離したカプセルは、パラシュートを開いてオーストラリアの砂漠に着陸する予定。

2003年5 月9日(金)13時29分25秒に打ち上げたはやぶさは、イオンエンジンの実証試験を行いながら、2005年夏に、地球から3億km離れた小惑星イトカワに到達してその表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6 月13日の地球帰還を目指して飛び続けてきた。7年間総飛行距離は約60億キロの超長旅であった。

惑星探査史上、月以外の天体に着陸した探査機が地球に戻ってくるのは初めてだ。自律的な判断能力を備え、ロボットとしての一面を持つやぶさの成果だ。

「I shall return.」 さまざまなトラブルに見舞わってきても地球に戻ってくるその鉄の意志に日本中が感動している。

お帰りなさい、母なる地球へ。

100613.jpg
100613-3.jpg

はやぶさからの別れの写真

日本でも昨日、Apple社 iPadが発売されるようになった。当初の予定よりも約1か月間延期されたが、予想外の売れ行きで製造が追いつかなかったらしい。

WiFi無線のみの、64GBモデルは販売価格が68,800円。日本メーカー製高価なノートPCよりは圧倒的に安く、しかも使いやすくわくわく感をもたらしてくれるので、売れるのは当たり前だ。

iPadのサイズは 243x190mm、日本独自なB5サイズ(257x182mm)用紙に近い。電子Book市場の制覇を狙った商品なので、紙一枚のイメージをそのまま見るための大きさだと考える分かりやすい。ただ、携帯には不便なので、来年辺りから半分サイズのモデルや、折り畳み式のモデルが発売されることを望む。

ipadはまだ入手していないが、ipod touchを普段よく利用しているので、その利便性はよくわかる。様々なアプリケーションソフトやゲームソフトがiTunes store経由で手軽に入手できるので、わくわくの毎日になるだろう。

Apple社の株式時価総額がMicrosoft社を超えたとの報道もあり、Apple社の快進撃は止まるどころを知らない。iPadがもたらす革命と脅威、これからも話題のネタになるだろう。

100529.jpg

Googleが、中国で攻撃を受けたことを理由のひとつとして、中国からの撤退を示唆したのは去る1月のことだった。

百度に大きくシェアが取られたうえ、Google中国総裁の李開復氏が昨年9月に辞職した。Googleの焦る気持ちは分かるが、Googleは撤退する理由をあえて検閲システムとネット攻撃にした。

検閲システムがなければ、アメリカや日本でうまくいった技術ややり方がそのまま中国でも成功すると考えているのかもしれない。

しかし、ネット攻撃を受けたからと言って辞める理由はどうしても本人には理解できない。中国政府や軍の指揮下で攻撃してきたとの報道もあり、政治的目的だと指摘する意見もあったが。

ネット攻撃といっても、いろんなレベルがあるが、Googleが問題視しているのは、Googleの頑固たるセキュリティ防御システムを破り、内部のファイル取得まで成功したことだ。先日、アメリカ「ニューヨーク・タイムズ」の報道では、ネット攻撃元は上海交通大学と山東藍翔専門学校だという。

上海交通大学は、理工系では、北京精華大学・浙江大学と並び、門中の名門であり、日本でいう東京工業大学に相当する。2010年ACM大学対抗プログラミングコンテストで優勝した。(東京大学と京都大学は14位に終わっている。)そこの大学生達がなんらかの目的で侵入したことは想像できないことではない。

不思議に感じたのは山東藍翔専門学校のほうだ。世界一の技術集団Googleに侵入できた技術はどこから学んだのか。在学生は高校卒のレベルだし。

以下はその学校の入試情報(中国語)

 山??翔技校是一所占地1000多?、校舍面?40多万平方米、教?工近千人、年培?能力30000多人的?合性??教育培?机?,以?学早、?模大、??多、??全、?量高、管理?而?名全国。
 学校?有雄厚的?学?力:已建成烹?、汽修、数控机床、?接、工程机械、?算机?用、美容美?、?工等8大??60多个工?;聘任了几十名教授、高?工程?、高???指??、高?技?,指???建?或担任??建???人,聘任了一批研究生、本科生充?教??伍,培?了大批”走?教室能??、走???能???”的”双?型”教?;
 ?有建筑机械制造厂和?万多平方米的????及????室,先后投入1.5?元,?各???置配?了先?、充足的教学?器??。其中汽修??新????1000余(套),可同?容?5000人??;工程机械???有欧美、日、?名牌?掘机100台及装?机、推土机、?路机等,能同?供3000余人??;数控??配?国内外先?的数控机床20台、普通?床近百台,能同?容?1000名学???;?接???有?气?、?弧??接机200多台,日?机器人自?化?接机1台,能同?容?1000人??;?算机????中心?有品牌?算机2000多台,能同?容?2000多名学???,?得吉尼斯世界??;美容美????有省内外一流的?施??等,?学?”真刀真?”的????,提高教学?量提供了??的物?保?。学校?置初、中、高???等?,能??学?如愿以?的????和?取相?的??技?等???,从而拓?了学?的就?渠道、?他?成功??提供了有利条件。山??翔?忱?迎有志学子前来?名学?!!

中国のどこにでもある専門学校のようだ。中国軍からの依頼や指導を受けたとか言っているようだけど、信じがたい。真相は違うところにあろう。

内部侵入を許したGoogleも技術を磨かないとね。

リコール問題で、トヨタが苦境に立たされている。大スポンサーのトヨタは日本のマスコミに叩かれることは珍しいが、ここにきて毎日のように、安全性につながる問題が次々と報道されるようになった。一昨日からは「プリウス」、今日は小型トラックにも問題ありだと。

アメリカでの評判が1年間だけでこんなに変わったことに恐ろしさを感じる。「世界一の生産台数」、「世界最高の品質」と絶賛されていたのに、いまは、「トヨタは乗っていいの?買っていいの?」に変わったからだ。

思い起こせば、何年か前に、納車されたばかりのトヨタの新車が、アイドリング中にエンジンの回転が急に上がることを何回か体験した。微妙な異常でも、運転手がすぐに気づくものなので、1ヶ月点検時にディーラーに申し出た。走行データの履歴(内蔵コンピュータに記録されているらしい)を分析してもらったが、原因不明のままだった。

技術力はホンダのほうが上のようだが、見た目、質感はやはりトヨタが数段も上。ただ、これから安全性に問題ありだとなれば、トヨタが遠慮されるかもしれない。

人命の安全性に直結する分、信用回復にがんばって欲しい。自動車産業がこけたら、日本経済はもっと深刻な事態に陥るから。失われた30年にならないためにも。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下は引用。トヨタ看板車「Prius」独有なブレーキシステムについて。

ハイブリッド車や電気自動車は、通常のガソリン車に搭載されている「油圧ブレーキ」に加え、「回生ブレーキ」と呼ばれるブレーキを積んでいる。回生ブレーキは、減速の際のエネルギーでモーターを動かし、電気エネルギーとして畜電池に回収。これを再び動力源にする仕組みだ。

新型プリウスのハイブリッドシステムは、油圧ブレーキと回生ブレーキをコンピューターで制御。その際に、回生ブレーキを優先的に使用し、より多くのエネルギーを回収することにしている。こうした技術でプリウスは世界最高水準の燃費を実現した。

しかし、問題の不具合は、滑りやすい路面などで「ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)」が作動した場合、回生ブレーキから油圧ブレーキに切り替わる際に時間差が生じることが原因になった。

prius.jpg

Pocket WiFiが手に入ると、どこからでもネットに繋がるので、携帯の存在を忘れて、iPod touchに再び夢中になっている毎日。そんな小さな機械なのに、時間の無駄遣いに最高な玩具だ。

2代目touchはスピーカー内蔵し、マイクからの録音も付属のマイク付きイヤフォンからできるようになった。これでICレコーダー代わりになる。

iPhone/Touch専用のSkypeも無料で使えるので、国際電話がかけられる。PCの前にいなくても、どこにいても、Skype料金で国際電話をかける便利さは、やはり実感する。

数百円未満の有料アプリがたくさんあるが、いまの自分は無料のアプリしか利用していない。それでもすごいと感じたものは結構ある。

例えば、PS mobile。PhotoshopのTouch版。写真を選んで、指で操作していくと、見事に編集される。Evernote経由で簡単にPCと同期取れるし、Touchに保存することや、メールで誰かに送ることも当然できる。

Evernote。テキスト、写真、音声を保管できるネットスペース。同じアカウントをPCでも使うと、Touchとそれらのファイルが共有できる。

Skype。上に書いた通り、Touchで電話できる。Touch同士や、TouchとPCなら無料で通話可能。

SinaNews。新浪新聞。中国の最新ニュースを中国語でチェックできる。Touchに勿論ブラウザSafariがついているので、PCの見れるWebサイトも難なくアクセス可能。

Google Map。地図を見るアプリ。その重要性はいうまでもないが、Touchでどこに行ってもすぐ使えるところはGood。

いますごく期待しているアプリはpplive。iPhone/Touchでppliveが使えるなら、どれほど素晴らしいことか。有料でも買いたい。

超小型PC、工人舎PMが先日手に入れたが、Touchよりも若干大きいが、両者比較してみるとTouchの素晴らしさとXPのしょぼさがよく分かる。

100125.jpg

休眠状態のIPv4アドレスを活性化させるのに、来年中にIPアドレスの売買が解禁されそうだ。

勤め先がBクラスを十数年前にただで割り当ててもらっている。6万5千個のうち、実際に利用しているのはせいぜい数千個。財宝になるということか。おかしな話。

キヤノンのレンズ 55-250mm F4-5.6には両面テープが使われているという噂とその証拠写真。しかも、レンズは日本製らしい。

コスト削減がここまで来たか、驚き桃の木。

517001_m.jpg
517003_m.jpg

キヤノン社の商品にはなるべく近づかないようにしてきたが、目の見えないところには徹底的にコスト削減の工夫していることは容易に想像できる。労働力の安さに対抗した措置だろうが、モノづくりの心は商品に宿っていない。

iPod Touchを所有していたので、iPhoneの凄さはよくわかる。それでも、4月にソニーのWalkman携帯に機種変更したし、AUからソフトバンクに切り替えるにも抵抗感がまだある。などの理由で、暫くは我慢しておく。

ソニーの携帯、やはりだめだね。音楽を聴くにはいいが、携帯としての機能は自分の感想ではシャープ以下。ソフトのセンスがない。文字の大きさもばらばら。使っていて苦痛を感じてしまう。ソニーの製品はほかに、パソコンやデジカメ、色々使ってきたが、手元に残したいものは Bluetoothマウスぐらいしかない。自分に相性のよくないメーカー。

メーカーも国民も、携帯の技術は世界一と自負してきたが、iPhoneの出現によって脆くもその幻想が崩れてしまった。一体いままでの蓄積はなんだったのか、考えさせられることばかり。

まだノートPCづくりは世界一の位置にいるようだが、AsusやAcer、HP、Dellの猛追に耐えられるか、心配だ。東芝のDynabookブランドが台湾企業に買収される噂もある。

まだまだ安泰できるのはデジカメぐらいか。