気になったことが一つ。今年の立春はいつだろう。中国では2月3日。日本では国立天文台天文情報センター暦計算室によると2月4日となっている。

ところで、立春とはなんだろう。つまり、その定義とはなにか。

地球は太陽の周りを回っているが、太陽が地球の周りを回っているようにも見える。古代では、地球からみた宇宙を一つの天球とみなし、天球と呼ぶ。地球から見て、太陽が1年をかけてその天球を1周する道を黄道と呼ぶ。春分の時点で、太陽がいる黄道の位置を0度とし、黄道のスタート位置とした。そうすれば、秋分は太陽が黄道の180度に位置する時点をいう。立春は太陽が黄道の315度に位置する時点をいう。

つまり、立春の日にちはちゃんとした天文観測によって精確に決まるものだ。

さて、2017年今年の立春点(黄道315度ちょうどの時間)はいつだろう。自分が精確に測定した値ではないが、ネットの情報によると、日本時間(東京時間)2月4日0時34分だそうだ。中国(北京時間)に直すと2月3日23時34分になる。

つまり、日本では立春が2月4日、中国では2月3日になるわけだ。国によって立春の日が違うのは数百年1回のことかもしれない。

では、最後に質問、中国と日本では、春分が異なる日はあるか。あるとしたら、その西暦年をリストアップしよう。

昨晩、中国の無人探索車が月面着陸の生中継をみた。生中継といっても、CG動画が多かったので、実際の写真は数枚しかなかった。それでも、着陸の感動は伝わってきた。

131215.png

高校生の頃、宇宙開発の仕事に就きたかった。ロケット等の勉強を大学でやりたかったが、教えてくれるところはなく、いつの間にかPCの世界にのめり込んていった。でも、神経質と器用さから失敗の許されない仕事が自分に向いているといまでも思っている。ひととの付き合いは全く好きにならないが。

ところで、日曜だろうか、中国国内では思ったほど盛り上がっていない。自分の生活が一番、そう考えているひとが増えているからだろうね。あるいは、アメリカに44年も遅れたので、月着陸は小さな一歩でしかないことかもしれない。

昨日は結局ほぼ一日電卓を遊んでいた。日本製の関数電卓をみて、自分でも作れると思っていたが、HP-50gを手にしたら、自分の力ではとても作れないことに気づいた。井の中の蛙大海知らずだった。

日本では、電卓といえば日本製が世界一との認識が一般的だと思うが、世界から見れば、数式処理ができない以上、学生にも研究者にも人気がないだろう。事務用電卓なら、どの家庭も必要なので、需要はあるが、関数電卓だけでは、生き残れないと感じた。信じられないほどの安値で関数電卓が販売されている理由はそういうところにもあろう。

ただ、HP50gは人間を超えたかといえば、全然そんなことはない。分野によっては高校卒レベルくらい。1変数だけならうまく処理されるケースが多いが、変数(あるいはパラメータ)が多いと、随分変な解答を出している。分数の既約もできていない解答もあった。

ケータイが最も身近な家電製品になったし、計算問題を繰り返しやってもどれほど意味があるか、確かに考えないといけない。漢字が書けなければケータイで調べればよいと同じように、数式処理システムがケータイに搭載されることになれば、簡単な計算ができなくても困ることはない。その代わりに、人間はもっと高度なことができないといけない。

関数電卓2台はまだ購入して1週間ちょっとだが、片付けられて使うことがなくなった。暫くはHP50gをいじめて、その可能性を探ってみたい。久々に感動、いや脅威を覚えた商品である。

120507.jpg

結局Samsung Galaxy SIIにした。iPhoneにしなかった理由はテザリング機能の有無だった。自分にとって初めてのスマホだが、半日いじった結果、ひと通り使い方がわかった気がした。

多くのことはPC代わりにできそうだが、電池の持ちを考えると、なるべく使わないようにしたい。

もうひとつ気になることはGoogleとの距離がもっと近くなりそうなところ。個人情報がPCだけでなく、スマホまでも通じて集められることに警戒すべきだから。

なんの飾りもなく、凄くローテクに見えるが、手に取ったり、使ってみるとその精密さに驚く商品が日本に多い。お正月のテレビでは、フランス人も愛用しているとか。

下のものはステンレスで精密加工された商品、コマ(¥840}とコンテナ(¥7,980)。多少高価だが、価値の分かるヒトには堪らない逸品かも。

120214-2.png
120214.png

ボイス・オフ・アメリカ(The Voice of America、中国語 美国之音)の中国語放送は、国慶節に合わせて、今年10月1日に停止するらしい。短波、中波、衛星テレビ放送が含まれる。

言論自由のない中国に、欧米の声を伝えようと戦後ずっと頑張ってきたVOAであっても、インターネットには対抗できなかった。アナログ時代の終わりを象徴する出来事になりそう。

70年代後半になるまでは、VOAを聴くことは中国では許されなかった。解禁後、VOAの短波放送で英語を勉強したり、ジャズやロックを楽しんだりしてた中国人若者が多かった。短波ラジオが飛ぶように売れ、買えないひとは競って自作していた。

80年代までの中国は経済的に非常に遅れていたが、いまでは考えられないところもあった。たとえば、腐敗や格差は世界一少なかったのかもしれない。文化大革命では皆、私欲のためではなく、「正義」や「主義」のために必死に生きていた。道徳の面では、80年までは良かったのかもしれない。

110218-2.jpg

ダメもとで、ソニーのブックリーダー6型を購入。黒色だと、若干の指紋が付くようで、シルバーにした。売りの読みやすさと軽さを生かして活用したい。

サポートしているファイル形式は、XMDF、EPUB、PDF、Text の4つ。PDFファイルの表示ではSサイズの文字に固定される。

そういうことで、ネット上にある著作権フリーのText形式書籍ファイルを、Microsoft Wordにて、はがきサイズ(148x100mm)、余白なし、横置き、ゴシック、12pt 等の操作でPDFに変換する。その後、付属のUSBケーブルをPCにつなぎ、変換しておいたファイルをReaderというフォルダに移せばOK。

110107.jpg
110108.jpg

鉛筆のように、間違えて書いたら消せるボールペンは何種類も市販されているのが、愛用しているのはパイロット社の「フリクションボール」というシリーズ。0.4, 0.5, 0.7mm、様々な色が揃えているが、手帳への記入や、添削用と考え、いつも0.4mmの赤を使っている。

消せる秘密は特殊なインクにある。ボールペンに使われている「フリクションインク」は温度65度になると無色に変わり、マイナス10度になると再び色が出始め、マイナス20度に達すると完全に復色するらしい。したがって、ゴム等で擦ると摩擦熱で無色になり、消えたようにみえる。お湯をかけても一瞬に魔法のように消える。スパイたちのメモ交換にも利用されそう。

重要な書類には使えないが、ふつうの用途では安心して利用できる筆記用具のひとつ。

PCや電子書籍の普及により、書くことは確実に減っている。字が書けない新人類が数十年後に一般的になっているのかな。

110105.jpg

20日に、日産から電気自動車リーフ(Leaf)が発売される。国からの補助金を差し引くと実質約300万円弱で購入できるという。80%までの急速充電に30分間、フル充電に8時間かかることと、1回のフル充電で走れる距離は約200kmと短いことが改善すべき点としてまだ残っている。万が一の「電気欠」のことを考えて、小型発電機や予備用バッテリーを購入して車に載せるひとが多く現れるかもしれない。

加えて充電装置の設置も問題になるだろう。一戸建ての自宅なら安心だが、マンションや契約駐車場だと難しい。夜間電気料金を利用すれば、1回の充電費用は約100円とガソリンに比べて大変割安だけど。

エンジンがなくなる分、外観のデザインまでも自由度が増すので、これからの自動車産業が大きく変わるきっかけとなりそう。逆にいうと、良質のガソリン自動車を購入するなら、これからの数年間が最後のチャンスになるかもしれない。

index_img_01.png

Appleのイベントが昨晩、サンフランシスコで開催された模様。

主な発表は、IOS 4.1のリリース、SNS「Ping」の立ち上げ、新型iPod shuffle, nano, 第4世代iPod touch、及び、新型Apple TVとなっていた。

iPod touchは前後2基のカメラや高解像度ディスプレイが付き、32GBモデルが299ドル。

Apple TVはHDMI端子、無線LANが付き、テレビ番組は米国で99セントでレンタル可能、動画・写真配信サイトのコンテンツを再生可能。すごいのはその価格設定、ただの99ドル、市場を独占する戦略がみえみえ。

日本では著作権の問題で、いまの状況では米国ほど活用できそうにないが、テレビ番組の販売・レンタル体制が整えば一気に市場が動くだろう。

次々と打ち出されたAppleの新商品に、日本メーカーは傍観するだけのようだ。月間販売台数がiPodを超えたウォークマンもまた逆転されそう。

自分は小型iPadの発売を待ち望んでいるので、Apple TV以外の新商品にはさほど興味ない。

100902.jpg