久々にPPLiveを開いて、中国の25集テレビドラマ「道徳底線」をみた。

ドラマだからだろうか、不幸なことすべてがドラマに終結された。結婚式の夜、酔っ払った新婦が他人の部屋に入ってしまい、大事に守ってきた初夜を知らない男王さんにあげてしまった。その場で自殺しようとしたが、新郎や警察の説得で生きる決心をした。しかし、新郎が口先では新婦のことを許したが、心の底では嫉妬と疑いの念を解消することはなかった。

王さんは銀行マン、新郎は建築設計士、新婦は小学校の先生。

新郎は融資のことで王さんと仕事付き合いをしたが、融資が断られた。新婦が夫のために、王さんにお願いして、王さんも自分の責任と反省し、努力して融資できるようにした。そのことで、新郎はまた新婦を疑ってしまい、王さんを強姦罪で訴えることにした。左遷された王さんをみて、王さんの奥さんが新婦を誘惑罪で告訴し、新婦が学校の食堂で仕事することになった。

新郎は悩みを抱え、男の自信をなくし、不能になってしまった。新婦は妊娠に気付き、下ろそうとしたが、新郎がどうしても子供が欲しいという。

子供が生まれたが、DNA鑑定の結果、王さんの子供だった。子供のため、新郎新婦が離婚することになった。ずっと新郎を狙っていた女性がいて、離婚を機に、新郎を陥れ、新郎と結婚できた。しかし、新郎は新婦のことを忘れることができなくて、その女性とはまた離婚することになった。

新郎は新婦との再婚を試みたが、血縁のない子供をどうしても受け入れられず、最終的に、新婦が子供を連れて、教師の仕事しにチベットに行ってしまう。

冷静に考えて言えることは、不幸の根源はほとんど新郎にある。心から許しておけば、幸せな結婚生活を過ごせるはずなのに。新婦がお腹の赤ちゃんを下ろすまで言い出して、新郎と子作りすれば今度こそ100%新郎の子供が生まれると、何度も言ってくれたのに、新郎は50%の可能性に賭けてしまい、それなのに、生まれた子を受け入れられなかった。男のプライドが邪魔したのか、心の狭い男なのだろうか。

血縁のない子供を絶対に自分の子供だと認めたくない新郎、自分の子供を一生手放したくない新婦。ドラマでは、血縁の有無がとても大事視されている。中国社会の伝統的価値観だろうね。

離婚した新婦の一言。私になにも残っていないが、自分と子供との尊厳だけは守りたい。

底線とは、どんなことがあっても、人間としては越えてはいけない一線のこと、守らなければいけないもののこと。人間としての尊厳はその底線のひとつだね。

三国曹操の名言、「疑人不用、用人不疑」。組織では、信頼するに足りない人間に仕事を任せてはいけないが、任せた以上疑ってはいけない。

人間関係に当てはめると、信頼できなければ、親しい友人やパートナーとして付き合ってはいけない。しかし付き合うと決心した以上、相手を信頼し、相手を疑ってはいけない。という解釈になるだろう。

単純なようで、すごく難しいことなんだよね。心の広いひとでないとできないし、結果的にどんなにひどい目にあっても回復できる力を持っているひとでないとやれない。

さて、自分の心の広さってどれぐらいだろうか。ひとの間違いを許せるのだろうか。自分の間違いを認められるのだろうか。自分のまわりの心広いひとを大切にしないとね。

「うつは心のカゼ」なんて言い方が流行ってて、誰もがうつ状態になる可能性がある。

うつ状態になるストレスがが思い当たるのであれば、解決する可能性があるのかもしれない。

まず、そのストレスを遠ざけること。様々な事情があっても、遠ざける決断をしないといけない。うつ状態からの脱出を目下最優先事項と考えるなら、健康になりたいと願うなら。

それと休養が大切。特に睡眠時間は大事にしてほしい。できれば起床時間を一定にして、生活リズムをつけること。また、適度な運動はうつ状態を改善する効果があるといわれている。

うつの場合は、「精神的安静」が大切なので、心の負担にならない「楽しいこと」には、積極的に取り組もう。旅行でも食事でも趣味の活動でも、なんでもいい。もし可能であれば人づきあいも活発にしたほうがいいかも。ひきこもってしまうとうつが悪化しやすくなるようだ。もっとも、こういう時期だけは、新しい人と知り合うことは避けたほうがいいだろう。

薬にしても、市販されている漢方薬をはじめ、いろいろあるね。病院の薬には抵抗があるなら、ためしに使ってみてもいいけれど、効かないことも多い。

とりあえず以上のような方法を試してみて。それでもだめなら、ちゃんとした治療を受けようね。

一般にお金持ちほど優雅な生活をしていると思われがちだが、ノーベル経済学賞受賞者である経済学者 Daniel Kahneman の研究によると、お金持ちほど拘束されている時間が多く、またそれにストレスを感じている傾向があるそうだ。

たとえば、年収2万ドル以下の人々は、1日の3分の1以上の時間をテレビを見るといった受動的なレジャーに費やしている一方で、年収10万ドル以上の人々の場合、リラックスする時間は一日の活動時間の5分の1以下。お金持ちの人は通勤や仕事などで拘束されてる時間が多く、最もお金持ちな層の人々はショッピングや子供の世話、エクササイズといったしばしばストレスのたまる活動について、最も貧乏な人々のおよそ倍の時間を費やしているとのこと。

多くの人たちは、お金持ちは大画面のTVを見たり、スポーツを楽しんだり、だらだらとした生活を送っていると思っているかもしれませんがそうではなく、より長く仕事や通勤に拘束されており、受動的なレジャーをする時間はない、というのが実際のところのようだ。

まあ、親からの遺産ならともかくとして、自力でお金持ちになったひと。それは勤勉で一生懸命働いたからだろう。時間に追われてストレスが溜まることは当たり前かもしれない。

若者にはお金がない、中年には時間がない、老年になるとお金も時間もあるが、体力がない。世の中はうまくできているね。

お金がなければ恋愛もまあまあならないかも。中国ではデート代や食事代は一般的に男性が全額支払うが、日本では割り勘カップルも結構ある。それでも、お金がなければ、男女のどちらかの家でごろごろしているだけの恋愛生活がほとんどだろう。旅行などの思い出なんかは作れないかも。

最近、日本の若者はしっかりしている。お酒もタバコもやらない。飲み会も嫌いなひとが多い。お金があればすぐ貯金する。でも結局、それは日本の若者はお金がなくて、将来への希望もないからということだよね。

お金がなければ、自由な生活はできない。お金が多すぎても心配の種になる。自由な生活に必要なだけのお金、自由にできる時間、その両方を手に入れるひとは真に生活豊かなひとなのかもしれない。

母親に、おまえを生んだ時、殺せばよかったのに、といわれたそうだ。

なんらかの事情で母親が怒りの頂点に達したからそう言ったのかな。普段でもそんなキツイことを言い続けてきたのかな。

子供の人格はその時点ではすべて否定された。母親にとって、対等の大人ではなく、まだまだ自分の子供ということかな。20代になったにも関わらず。もうすぐ子供の稼いだお金で生活する母親にも関わらず。

一度家出して音信不通の状態にしておけばいいよね。1週間、1ヶ月、1年。それでも反省がなければ、一緒に生活しなければいいと思う。

しかし不思議なことに、こういう家庭に育った子供は親のいうことをなんでも聞くのが多い。親から独立して生きていけることは夢にも思ってないみたい。

自分の子供に、ふつうでは考えられない言葉をいうお母さんの人格。そんな家庭で育った子供の人格。どちらも大きな問題を抱えているんだろうね。

いわゆる共依存症なのかな。色々考えてみたい。きつい言葉ほどそのひとの人格を表すものはないだろうから。

自分のことを考えれば、両親がそんなことを言うのはありえない。両親が最後に怒った記憶も中学校か高校まで。その後ずっと別々なところで生活してきたから、怒られることがないのも当然かも。

DVという言葉、男女に限らず、親子関係にも存在するのかも。

「愛憎」という言葉があるように、愛と憎しみが一対の言葉として扱われている。しかも、憎しみという感情の中には、本人が意識しているかいないかにかかわらず、実はまだ愛が存在しているといわれている。

それにほとんどの場合、憎しみという感情は、相手が本当に嫌いというよりも、「 相手に自分をわかってほしい 」 という気持ちからきているのかもしれない。

8ヶ月間。短いようで長く、いまだに一部一部が鮮明に記憶に刻まれている。何千通にも達したメールの数々。それは心を使って、相手の価値観を理解し、相手の存在を認めたものだったと思う。

マザー・テレサの言葉。「 愛の反対語は憎しみではない、無関心です 」。時間に連れ、記憶が薄れ、関心がなくなる。それも終着駅のひとつだろう。

占いを信じるほうだろうか。次の文章を読んでみて。

「人前ではつとめて明るく振舞うけど、実はナイーブで傷つきやすい面を持っており、性格的にも弱い部分がある。内向的な性格で、実はロマンチストな寂しがり屋さん。人から好かれたいという気持ちがあっても、うまくそれを言い表すことができなくて歯がゆい思いをしたことがある。いま、友達付き合いや恋愛面で悩みを抱えているようだ。」

読んでみて、結構当たっているなと思ったのではないだろうか。しかしこの文章は別に星座や生年月日を調べて書かれたものではない。不特定多数の、どんなに人にもどこか当てはまるように書かれたものなのだ。

この文章を読んで、ことごとく自分を言い表していると思った人は、かなり思い込みの強い人ともいえる。

このように誰にでも自分に当てはまると感じさせることを「バーナム効果」という。そのような効果をもつ文章には2つの特徴がある。

1.抽象的で曖昧な表現が多い。
2.誰もが思い当たることが並べられているので、どれかは自分に当てはまるように書かれている。

人間関係や恋愛面では、誰もがそれなりの悩みを抱えているので、こういう文章を読むと、つい、自分のことを指摘されたような気になってしまう。

また、人は当たっているところだけ注目してしまう心理傾向がある。占いが当たっているように感じるのは、実は、占われた本人が、占いの中から自分に当てはまる部分を積極的に探そうとするからなのだ。占いを信じやすい人は、その傾向がとても強いといえる。

このタイプの人は「自己正当性」したがる傾向も強い。自分がおろかな行為をしたときは、誰しもそれをまともに認めたくないものだ。そのために「このことは占いに出ていた。だから、こんなことをしてしまったのは天命であり、仕方がなかった」と、自分に対して言い訳や理屈をこねるのだ。

人は自分の中に矛盾する考えや意見などを抱いたときに生じる緊張状態から逃れるために、言い訳をしたり、他人や出来事のせいにしやすい。つまり、なんとか自己正当化をしようとするのだ。占いを信じやすい人は、実は占いをたてにすることで、自己正当化し、弱い自分を守っているのだ。

毎日欠かさず、占いをみている人が周りにいるが、自分はあまり信じないし、占いたい気持ちもない。

今日買った本に面白いことが書かれている。赤ちゃんの無防備と完全信頼の話。

赤ちゃんは笑顔と泣き声で親をコントロールしている。笑うと親に可愛がってもらえる。空腹時や不快な時に一生懸命泣く。これら二つの感情表現だけをうまく使い分けして親に甘え、親から愛をもらうのだ。

そしてもっと大切なのは、赤ちゃんは全く無防備のまま、親を完全に信頼していること。一見もっとも弱い組合せ、無防備と完全信頼が、親から愛をもらい、親をコントロールしてしまうのだ。

完全防備および無信頼、相反なるこの組合せだと、相手からも信頼されず、相手から世話してもらうことも、相手から愛をもらうこともない。確かによく分かる話だ。

男性は女性の涙に弱い。涙を流すことによって、男性に弱さを見せ、男性の警戒心を弱め、男性に信頼しているという錯覚を男性に与えたのかもしれない。だから、男性はそれ以上批判したり、敵対感情を見せることはできなくなってしまう。

笑顔と泣き顔、片方欠けてはいけない。ずっと笑顔のままだと、相手に必要とされることはアピールできない。ずっと泣き顔のままだと嫌われるだけになる。泣いて笑う、その繰り返しが相手にモチベーションを与え、相手に達成感を与えるのだ。

人間って考えれば考えるほど不思議なことばかりだ。

ひとりで知らない街にやってきて、だから必然的に誰かに支えてもらわないと困る。ということを話すひとが多い。自分も若いときにそう考えてたので、なかなか説得するロジックは思いつかなかったけど、ネット上にこんな文章があった。

○ ○ ○
孤独を感じたときには、誰かにそばにいてほしい、と強く願うものです。しかし、淋しいからという理由で恋愛を始めても、長続きする見込みはあまりありません。

淋しいときに恋人を求めても、自分と同じように淋しい人しか寄ってこないものです。淋しい人同士が一緒にいても、孤独感を癒すことはできません。逆に、ますます淋しさを増すことになってしまうでしょう。両方が、「もっと自分を認めてほしい」と要求しあうので、いつまでたっても心は満たされず、ついには互いを責め合う結果となってしまいます。

孤独感は、逃れようとすればするほど、大きくなります。私たちは、孤独と正面から向き合うしかないのです。うまく付き合えれば、孤独は楽しいものです。自分だけが孤独なのではありません。人間として生まれた以上、孤独は、誰にとっても避けられない宿命です。

孤独な人間だと思われたくないばかりに、必死で友人や恋人とのつながりを求め、嫌われないように気を遣い、携帯電話やメールでひんぱんに連絡を取り合い、「楽しそうな人生を送っている私」を演じながら、心の中はへとへとに疲れている、という人の何と多いことでしょう。

焦って始めた恋愛は、ほとんど失敗に終わります。恋愛経験の多さを自慢する人がいますが、それは、同じ数だけ恋愛に失敗しているということなのです。そんなことは、たいした自慢にはなりません。一生のうち、真剣に愛する相手は、ひとりかふたりいれば十分です。

孤独を感じたときこそ、自分を見つめ直すチャンスです。孤独の楽しみを知っている人は、人間として深みがあり、他人とも、表面的でない、親密な関係を築くことができます。いつも誰かと一緒にいたり、携帯電話やメールで連絡を取り合ったりしていなければ安心できないのであれば、それは本当の友情や愛情ではありません。

ひとりでも楽しいけれど、ふたりならもっと楽しい、そういう関係が、もっとも長続きするでしょう。孤独を楽しめるようになれば、心に余裕が生まれ、自然に、必ず、よい恋愛に巡り合うことができます。

脳科学に関する番組をNHKでやっている。録画したので、あとでゆっくり観る。

記憶、集中力、ほめる、脳の活用法に関する内容なのかな。

記憶に関しては、目も、声も、手も、すべてを動員してやると効率があがるらしい。例えば、英単語を覚えるには、目でよく見、声を出して読み、手で書く。暗記よりも記憶されるらしい。

集中力では、とにかく行動を起こす。結果に結びつかなくても、繰り返し行動することによって、脳が条件反射に敏感になる。集中力が高まるらしい。

ほめるのも、その場で本気で相手をほめる。徹底的にほめる。叱るときには具体的に目標を相手に示し、相手が目標を達成したときにほめる。叱るをほめるに変える。

たとえば、相手は英語成績が悪かったとする。叱る気持ちはやまやまだが、我慢して、100個の英単語を覚えることを目標に相手に要求。多少無理な要求でも、相手にとって予想外のことになったので、応えてくれる可能性は大。相手が100個の単語を覚えたら、すぐさま一生懸命ほめる。

人間の脳ってすごく単純。ほめられると活性化し、楽しくなり、快感を覚える。ほめられたことをまたやりたくなる。その繰り返しによって、自信につながるらしい。

相手がいいことなにもしてないのにほめると、相手の脳が混乱するだけなので、いいことをした直後にほめることが大事。

周りのひとに対しても、自分に対しても、言葉でほめる、物でほめる、サービスでほめる。ほめる、ほめる、ほめまくることを実践しよう。

ほめることが相手との人間関係にもプラス。自分の味方だと思ってくれるから。

番組を観て、感じたのは、人間の脳をただの物理的な物と認識し、嫌いなことを無理やりやらせるのではなく、いかに楽しく、いい状態に持たせていくかが重要だということ。

080421.jpg

昨晩のドラマのセリフ、

 恋はタイミングなの。
 エースをもってるからといって、必ずカードに勝てるとは限らないよ。
 初恋の思いでだけじゃ、実にならないよ。
 最高のタイミングで、最高のカードを出したひとが、恋を手にするの。

それを聞いて、思わず泣いてしまうひとが多そう。

では、タイミングってなに?

恋に落ちるといい、相手を落とすその瞬間をタイミングと考えるなら、全力でそのタイミングを作り出そう。もっとも、ふっとした仕草、ちょっとした会話、仕事に対する誇りや情熱、自分が気付かないまま、相手が落ちることもあるけど。

人生を振り返ると、落ちてたというか、惚れてくれた相手がいたのかもしれない。気付かなかったり、興味がなかったり、縁がないままに終わってた。でも良い思い出のままで終わったのが一番だよね。人生は美しい思い出で生きていくものだから。

恋をしている時に

 相手も好意を持っている。
 相手も彼(彼女)がいない。
 相手も彼(彼女)が欲しいと思っている。

だと成就しそう。反対に、

 相手は好意を持っていない。
 相手に彼(彼女)がいる。
 相手は彼(彼女)を欲しいと思ってない。

だと恋は成就しないだと。

好意の持ってない相手に好意を持たせ、彼(彼女)がいれば、相手を奪い取る。知恵と若さでタイミングを作り出す。そんな乱暴なやり方も世の中沢山あるけど。

恋は戦争。恋は命と命とのぶつかり合い。そこまで覚悟あるなら、なんとかなるんじゃんないかな。でも、いつか自分のやられる番が来ることも覚悟しておこう。