050123.jpg

お年玉としてアイポッドミニを買ってやろうと思ったけれど、どのお店に行っても回収されてしまい、置いてないと言われていた。

iPodの売上はすごい。アップル社は創業以来の最高利益をあげている。ネット音楽配信サービスも、圧倒的首位を走っている。利益のあげにくいパソコンメーカーから、見事に屈指の高収益企業に変貌したらしい。

iPodの革新的なところはハードディスクを内蔵させたことにある。動画の収納にはいまのハードディスク容量ではまだまだ足りないが、音楽なら全く問題ない。標準のMP3方式を使えば 1/10ぐらいにさらに圧縮できる。音飛ぶことないし、同時再生・同時検索も勿論当たり前。ハードディスクが多くの家電製品に内蔵される時代は間もなくやってくる
だろう。

ビデオカメラにハードディスクを内蔵させた機種はビクターから発売されているが、撮影時間が短く、インパクトは小さい。せめて24時間連続撮影できるぐらいにしておかないとね。ハードディスクそのものを交換式にするのも一案。DVDにコピーするとかの発想は必要ないと思う。

あと、テレビにハードディスクが内蔵されると嬉しい。裏番組が後で見られるとか、特定のシーンを後で繰り返し再生可能等、用途が広い。今のパソコンの製造技術を考えれば、コストはハードディスクも含め1万円でできるだろう。

パソコンのDELL、音楽再生のApple、アメリカはやはりすごい。半面、いつも自慢してきた日本メーカーはホントに情けない。とくに天下のソニー、全くいいことなし。iPodのような商品はなぜ出せなかったのか、不思議でしょうがない。何十万・何百万円もする高額な、全く売れない商品を一生懸命作って自慢するよりも、社会のあり方を根底から変えてみせる革新的な商品を作って欲しい。

アップルのマックミニも気になる。前から密かに考えたアイデアがつい商品化された感がするから。キーボードもディスプレーもオプションだが、圧倒的に小さくて軽い、ポケットに入れられるパソコン。それを持ち歩き、自宅や勤務先等でキーボードとディスプレーを繋げば使えるパソコン。そういう商品を作りたかった。

Comments are closed.

Post Navigation