午後2:46。死ぬかと思う程の巨大地震。というのが大げさだけど、とても怖かった。生きてきた中ではトップ級の怖さ。自分の体感震度は7ぐらいかな。報道では観測史上最大規模とのこと。

建物が大揺れ。横に揺れたり、上下に揺れたり、数分間続いた。しかも、1回切りではなく、数回も襲ってくる。

怖くなって、エレベータではなく、階段から降り、車に乗り込んだ。道路に車があふれていた。停電で信号機が止まっている箇所も結構あった。警察が交差点の真ん中で手信号で交通整理をしていた。運転手皆が譲り合って、交差点での混乱は全く見受けられなかった。

サイレンを鳴らしながら、消防車、救急車、ガス点検車両が走っていた。

近くのコンビニ1ヶ所は開業中だが、他のお店はほとんど休業に変わった。東北新幹線もJR宇都宮線も運転中止。

携帯のauは地震直後から音信不通。規制されたとの報道もあったが、全くの役立たず。東京にいる子供の安否が夜10:30になってやっと確認できた。

テレビは地元のローカル局を含め、地震直後からすべて地震速報に切り替えられた。

自宅サーバが止まったので、自宅一帯は停電して間もなく復旧したようだ(access.logを調べてみたら、停電時刻は14:47:19頃だった)。しかし、市内の停電軒数は夜になっても13万軒を上回っている。

余震が続いている。夜は心配。服を着たまま過ごすか。

110311.jpg

↑↑↑ 元今泉町交差点。3月11日午後3時半頃の写真。停電した信号機。交差点の真ん中にパトカー2台が停まっており、警察3人が手信号で交通管理をしている。

110311-2.png

Comments are closed.

Post Navigation