ボイス・オフ・アメリカ(The Voice of America、中国語 美国之音)の中国語放送は、国慶節に合わせて、今年10月1日に停止するらしい。短波、中波、衛星テレビ放送が含まれる。

言論自由のない中国に、欧米の声を伝えようと戦後ずっと頑張ってきたVOAであっても、インターネットには対抗できなかった。アナログ時代の終わりを象徴する出来事になりそう。

70年代後半になるまでは、VOAを聴くことは中国では許されなかった。解禁後、VOAの短波放送で英語を勉強したり、ジャズやロックを楽しんだりしてた中国人若者が多かった。短波ラジオが飛ぶように売れ、買えないひとは競って自作していた。

80年代までの中国は経済的に非常に遅れていたが、いまでは考えられないところもあった。たとえば、腐敗や格差は世界一少なかったのかもしれない。文化大革命では皆、私欲のためではなく、「正義」や「主義」のために必死に生きていた。道徳の面では、80年までは良かったのかもしれない。

110218-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation