<引用、Yucasee Mediaより、但し一部削除>
 街中に「ヤマダ電機」と「ビックカメラ」と「コジマ」が乱立する日本。日本は確かにちょっと前まで「家電大国」だったはず。ところが2010年、日本はどうやら家電純輸入国になったようだ。
 電子情報技術産業協会によると、映像機器や音声機器などを合計した民生用電子機器の、2010年1月~10月の輸入額は前年同期比61.7%増の 7691億円。一方、同輸出額は1.2%増の7620億円となった。輸出は11月には減少に転じており、2010年に初めて輸入額が輸出額を上回った可能性が高い。
 特に輸入が増えたのは液晶テレビで、前年同月比2.7倍。台湾企業への委託生産を大幅に増やしたためだ。
 日本が白物家電の純輸入国になったのは、もう10年前の2001年。現在、各家電の世界の生産額に占める中国製品の割合は、冷蔵庫50%、洗濯機45%、エアコン72%、電子レンジ72%となっている。また世界の輸出市場に占めるシェアは28.6%に達している。
</引用>

家電輸入国といっても、印象として、家電量販店に本物の外国ブランドの製品はあまり置いてない。比較する商品がないので、日本人の多くは日本製が一番といまでも思っている。中国製は安かろう悪かろうというイメージがほとんど。ただ、日本製信仰は昔ほど強くなくなっているのは事実。AppleのiPod, iPad, iPhone, MacBook Air等、日本製の優位性を正面から否定したそういう製品の出現によるところが大きかった。

110125.png

Comments are closed.

Post Navigation