紙に書いた文字やイラストをBluetoothでパソコンに転送するデジタルペンの新製品「airpen Pocket」が2月12日に発売される。パソコンに加え、Bluetooth機能対応のAndroidスマートフォンやタブレットにも対応する。予想実売価格は1万7000円前後、高級万年筆相当。

やや太軸のボールペンから赤外線と超音波を同時に発信し、付属の受信ユニットに筆跡等のデータを記録する。受信ユニットからBluetooth経由でパソコンに転送する方式。

デジタルペン部は幅18×奥行き14×長さ154mm、重さ約22g。ボタン電池2個で約90時間の連続筆記が可能。カラーは、「ブルーメタリック」と「グリーン」の2種類。受信ユニットは幅77×奥行き27.4×高さ12mm、重さ約22g。リチウムイオン電池で連続約8時間駆動する。筆記記録可能なサイズはA4まで。2MBのメモリーを内蔵して、A5の場合で約100ページ分を記憶できる。

入手したら、自分の使い道はやはり、イラストの作成になるだろう。可視化(見える化)が多くの資料に要求される今日、アイデア等をその場で記録できるメリットは大きい。

110129.jpg

Comments are closed.

Post Navigation