20日に、日産から電気自動車リーフ(Leaf)が発売される。国からの補助金を差し引くと実質約300万円弱で購入できるという。80%までの急速充電に30分間、フル充電に8時間かかることと、1回のフル充電で走れる距離は約200kmと短いことが改善すべき点としてまだ残っている。万が一の「電気欠」のことを考えて、小型発電機や予備用バッテリーを購入して車に載せるひとが多く現れるかもしれない。

加えて充電装置の設置も問題になるだろう。一戸建ての自宅なら安心だが、マンションや契約駐車場だと難しい。夜間電気料金を利用すれば、1回の充電費用は約100円とガソリンに比べて大変割安だけど。

エンジンがなくなる分、外観のデザインまでも自由度が増すので、これからの自動車産業が大きく変わるきっかけとなりそう。逆にいうと、良質のガソリン自動車を購入するなら、これからの数年間が最後のチャンスになるかもしれない。

index_img_01.png

Comments are closed.

Post Navigation