故障した腕時計が修理を経て戻ってきた。ネットから購入したので、製造メーカーのお客様相談室に直接故障品を半月前に送った。

修理内容はパッキンとムーブメントの交換。保修期間内のため、無償修理だった。

1回の故障だけで日本製の品質をコメントするのは無理だが、機械式に対する懸念は一層強くなってしまった。数万円の年差クォーツ時計の販売継続や、年差ソーラー(非電波)時計の開発に頑張ってほしい。

101204-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation