041124.jpg

子供がいつの間にか進路を考える時期になっていた。その時に手にした冊子に結構まともなことが書いてあった。

将来の職業を選ぶ時に、まず自分が大事に思うものを考えること、つまり、職業の3要素、経済性・社会性・個人性について考えて欲しいという。

経済性。働くことは収入を得ることでもある。その収入によって生活するのだから、当然職業の経済性を考えないといけない。本心はどう思っているかは知らないが、ボランティアを将来やりたい若者は結構いるようだ。しかし、肝心な生活基盤をどう確保するつもりか、と問い詰めても返事がない。経済力があるから、ボランティアができるのに、キレイごとだけでは生きていけない。

社会性。働くことは、社会人としての義務と責任をもって世の中を貢献することになるので、社会性を考えないといけない。経済性は高いが、社会性の欠けている仕事や犯罪まがいの仕事はやはりやってはいけない。

個人性。自分の個性を伸ばしたり、能力を発揮して、自分の夢を実現することも仕事選びに大事。全く楽しみを感じない仕事は長くやっていけない。

これら3拍子の揃った仕事は本人にとって天職というだろうけど、実際にはそう簡単に見つけるものではない。経済性、社会性(世間体)、個人性、この3要素は仕事選びだけでなく、結婚相手を選ぶのにも通じるものがあるね。

Comments are closed.

Post Navigation