十何年ぶりか、Macをまた使い始めた。直接な動機はiPod, iPad, iPhone等用のソフトを開発するためだ。

モバイルの可能性を考え、13インチのMacBook Proにした。マルチOSのことで、HDDだけは500Gにカスタマイズした。

新しいPCは毎年数台使ってきたが、Macにはやはり驚きだ。つくりが美しいというか、工芸品のようだ。小さなACアダプターにもいくつもの仕掛けがあり、アップル社の拘りが伝わってくる。

マルチタッチパッドも新鮮だ。タッチする指先の数によって動きが異なる。しかも、併用すう他のキー(コントロールキー等)によっても動きが違う。時間を作って、自分に最適な組み合わせをじっくり検討したい。

ただ、慣れていないので、自分にはまだWindows的な見方でMacをみている。例えば、MacBookには、Windwosでいうdeleteキー相当なキーはない。Fn+Backspaceか、^Dで代用できるが煩わしい。

マルチOSのことで、ネット上の情報を参考に、OS X、Windows 7、Ubuntuの3つをマルチブートしようとしたが、見事に失敗。仕方なく、BootCampの力を借りて、OS XとWindows 7のデュアルブートに挑戦して成功。さらに、Windows 7の上に、VMware Player+Ubuntuでやっとできた。

ここまで来れば、当然OS X上に、VMware Fusion + WIndows 7 + Ubuntu をやってみたくなるが、出来ればフリーの仮想化ソフトを使いたいので、模索はしばらく続く。

100801.jpg

MacBookのWindowsエクスペリエンスインデックス。手持ちのノートPCでは一番、悪くない。

100801-1.png

Comments are closed.

Post Navigation