ついでに、お店に寄ってみたら、Eneloop Liteが発売されたことを知った。単4二本で480円。2000回の繰り返し充電を考えると自分では価格に納得した。

単4を単3のサイズにあわせてくれるスペーサーも購入し、早速 Apple Magic Mouseにセット。難なく使える。ただ、電池残量は64%と表示されている。電池の公称電圧1.2Vが原因かもしれないが、気にしないでしばらく使ってみる。

マウス自体は軽く感じた。Magic Mouseの重さは単3電池二本込みで105gだそうだ。単3一本の重さは20gだとすると、単4のEneloop liteにしたことで、20gの軽量化になる。単3のEneloopに比べると約30gの差が出る。

100812-3.jpg
100812.jpg
100812-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation