041022b.jpg

公開されたRSSファイルを利用するのに、「RSSリーダー」 (「ニュース・アグリゲーター」、「ニュースリーダー」とも呼ばれる) プログラムが必要。この時点では、まだ IEブラウザに機能として含まれていないので、別途にパソコンにインストールしないといけない。

RSSリーダープログラムはウェブブラウザーと電子メールクライアントを合わせたプログラムで、何百もの情報ソースを1ヵ所に集める機能を持つ。RSSリーダーを使えば、最新のニュースやウェブログへの投稿を求めてたくさんのウェブサイトを飛び回らなくても、こうした情報ソースの見出しを1つのウィンドウで読める。

RSSリーダープログラムは沢山出回っているが、個人的にRSSの利用はまだスタートしたばかりなので、欧米でもっとも人気のRSSリーダー 「ShapeReader」 を紹介する。

ShapeReader (シャープリーダー)は、米マイクロソフト社の .NET (ドット・ネット)
フレームワーク上で動くスタンドアローン型のプログラムで、動作は重いものの無料で手に入る。開発者はプログラマーのルーク・ハットマン氏。見た目や使い勝手は、「Outlook Express」などウィンドウを3つの表示枠(ペイン)に分けたEメールリーダーにそっくりで、何百ものフィードも簡単にフォルダに振り分けられる。

いまだバージョン0.9.5.1だが、すでに最高のツールの仲間入りを果たしている。

フィードのカテゴリー分類が容易にできるため、政治系のウェブログと情報源を区別するといったことも可能。初期設定では、チャンネルの更新を1時間おきに行なっているが、更新間隔はフィードごとに変更できる。新しい記事が読み込まれた際には、画面の右端、システムトレイのすぐ上に小さなウィンドウを表示して知らせてくれる。初めて見た人は何かと思って警戒するかもしれないが、この機能は簡単にオフにできる。

その他にも、シャープリーダーにはスレッド機能があり、ユーザーのブログロール[blogroll:ウェブログどうしの自動リンク]内で、それぞれのエントリーまたはニュース記事が他のどのエントリーと関連しているかを示す。また、サイトのトップページのURLをアドレスバーに入力すれば、そのサイトに含まれるフィードのアドレスを自動検索してくれる。

<インストールの仕方>
 マイクロソフト社の .NET (ドット・ネット) フレームワークが必要なので、まず Windows Update機能を利用して、マイクロソフト社のサイトから、
  Microsoft .NET Framework Version 1.1 日本語版
をダウンロード・インストールする。

つぎに、SharpReader本体をダウンロード。ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば、インストールできる。

SharpReaderを実行し、文字表示に使うフォントをMS明朝に変えるといいだろう。メニュー「Tool」⇒「Options…」を選び、タグ「Font」の「Change Fonts」でMS明朝フォントにする。

あとは、メニュー「File」⇒「Open RSS Feed」を開き、利用したいニュースサイト、または、ブログサイトのRSS URLをそこに入力しておけばよい。

最新情報が自動的に入ってきて、結構便利だね。

Comments are closed.

Post Navigation