041021d.jpg

RSSリーダーという便利なツールを使いたいので、RSSとは何かをまず調べてみた。

RSS (Rich Site Summary、または、RDF Site Summery)

Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。

RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。

RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することできる。指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されている。また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えている。

RSSにはいくつかのバージョンがあるが、数字の大きいものが上位互換性を持った後継規格というわけではなく、いくつかはそれぞれ別物になっているため注意が必要である。最初のバージョンは1999年に開発したバージョン0.9。これはコンテンツのメタデータを記述する包括的な仕様「RDF」をベースにしたものだったため、RSSバージョン0.91では、サイトの更新情報の配信に特化した仕様に改められた。

その後、RSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの仕様 「RSS 1.0」 (1.0)を提案した。高度な機能をモジュール化して追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザも依然として多く、こうした人々の手によっ
て0.9xの後継となる 「RSS 2.0」 (2.0) が提案された。

こうした経緯のため、RSSの仕様は大きく 「0.9-2.0系列」 (Really Simple Syndication) と 「1.0系列」 (Rich Site Summary) の2系統に分裂している。

RSS 1.0 の仕様書はこちら

また最近では、RSS 2.0 の文法の複雑さなどから、新しい統一フォーマット「Atom」 (最近までEchoと呼ばれていた)を作ろうとする動きがある。これはまだ仕様が定まっておらず、いつになればRecommendation (勧告)になるか分からないが、新たな統一フォーマットとなる可能性もあり、その動向に注目しておきたい。

Comments are closed.

Post Navigation